calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセスカウンター

  • access countゴルフクラブ パター ショッピング検索エンジン上位表示ミルクジャグ
無料ブログはココログ

ピアノ

2010年6月18日 (金)

一応復活

一応復活


 長らくサボっていたピアノを再開しました。しかしいつまで続くかは本人にもわかりませんcoldsweats01
 インヴェンションの練習がイヤでたまらず、たまに2回ほど弾いてはため息ついておりましたが、ここでいつまでも止まっているのもイヤになり、練習不十分なのは承知の上でレッスンをお願いしました。

 それでインヴェンション1番はなんとかクリアし、2番に進むことになりました。
 3番まで終わったら別の曲を並行してやりましょうということなので、早く終わらせたいわbleah

 相変わらずバッハは好きじゃありませんが、2番に進んでからは前ほどイヤイヤ感はなくなった感じです。明るくノウテンキな調子の1番と違って、2番は短調だからちょっと悲しい響きのする曲です。だからかなー、悲しい感じ、好きだもんな、アタシ。

 そして先生には内緒でこっそりベートーヴェンの「悲愴」を弾いたりしています。
 やっぱりまだまだ早いんだろなあと実感しますけど、練習してるとあっというまに30分経ったりしています。インヴェンションの練習は「あー、今日はよく弾いた。え?まだ5分しか経ってないのか!」という感じですが。

2009年7月22日 (水)

7割女

 発表会終わりましたー!

 デキは・・・はぁweep

 一番の盛り上がり部分でけつまづき、とんだ大失態でした。
 
 今月に入ってスパートかけましたが、間に合わずでした。発表会でソツなく弾くには完璧にしとかないと、本番では思いもよらないミスもするもんですし、完璧にしたってうまくは弾けないはずなので、せめて練習時だけでも完璧にしとくべきでした。といつも思うのですがねえ。

 なんかもう、これから発表会なぞ出ないでおこうかと思いました。

 これから何を練習しようかなあ、先生に聞いてもイマイチ返事が曖昧なので・・・やっぱバッハやモーツアルトをやるべきなのかなあ。
 ソナチネとかどうやろ?←今度先生に提案してみよう。やっぱしなあ、アタシのレベルで華麗なる大円舞曲は無謀だったと思うんやよなあ・・・←一応先生に選んでもらった曲なんですが。

 7割なんだよなーいつも私って。
 あとの3割がツメられないというか。
 漢字検定も7割は取れるんだけどな、8割(合格ライン)がなかなか取れない。←準1級に2回チャレンジしたけどいつも7割5分止まり。
 何をやっても中途半端だわ。。。

 今回の発表会はダンナは剣道に出かけて来てくれずcrying
 カン坊もまた風邪をひいて熱が出てしまい、来られず。母に面倒をみてもらうことになったので母も来られず。誰も聴きにきてくれない寂しい発表会でした。

 発表会の前日にスタインウェイを弾いてきました。ピアノ教室の仲間と。
 梅田のハービスエントにあるジュウジヤで借りました。7月末で閉店するっていうので慌てて申し込みして。
 すっごい弾きにくかったです・・・鍵盤が浅くて、押し切ってもフワフワしてて戻りが悪く、連打がとてもやりにくかったです。聞こえてくる音はさすがに綺麗でしたが。

2009年7月 6日 (月)

もうすぐ・・・

 20日にピアノの発表会があります。

 今年の曲目はショパンのワルツ1番「華麗なる大円舞曲」です。
 9ページもありまするcoldsweats02
 「長いから繰り返しなしでね」と先生に言われたので繰り返しなしで弾きますが、それでも7分近くかかります。
 ウチにコルトーのCDがありますが、コルトーは繰り返しありでも私の半分くらいの時間で弾き終わりますdash
 アタイのんは超ノロノロワルツですpig

 練習を始めて1年近くです。このとおりペースも超ノロノロですpigpig
 でもまあいろいろあったのでこれでよしとしよう。

 それにしてもコルトーの演奏、耳に障るわ・・・何度聴いても好きになれません。他の人のを買いにいこうかと思ったけど、そもそもショパンのワルツにはあんまり興味がなく・・・買うほどのもんでもないか、、、と。

 こないだの日曜にリハがありました。
 めっちゃ手ぇふるえましたshock やっぱりダメねえ・・・こりゃまた本番でとんでもない間違いおかすんだろうなあ。
 暗譜もできないわけではないけど、どうしようか・・・
 目の前に譜面があったら安心だけど、目の前に物が置いてあることによってかえって集中力が散漫になって弾きにくいという点もありませんか?

 うーむ。
 どっちにしろ練習が足らん。

 カン坊よ、早く元気になって保育園に行ってくれ・・・・・・(今、風邪ヒキ・自宅療養中)
 とりあえず明日のレッスンはキャンセルし、グランドピアノでの練習は先送り。

 練習が足らんと言いつつも、もう1曲弾くんです。
 サンサーンスの「動物の謝肉祭」をフルートとヴァイオリン、チェロと一緒に。
 14曲から成る組曲なんですが、そのうちの1曲「おんどりとめんどり」を。1分かからない曲で譜面も超カンタンなんですが、ヴァイオリンとフルート(どっちも先生)と合わせるのは緊張しまくりです。
 5月にこの曲をピアノの連弾で生徒さんと先生とで演奏会をされ、私はそれを聴きに出かけたんですが、打ち上げについて行ったら「今度は出ろ!」と酔った勢いで先生に楽譜を渡され、いつの間にか一緒に出るはめに・・・。

 ピアノの先生、酒癖悪いんですよね。。。
 でもま、今度も打ち上げ行きますケドねsmile
 美味い酒が呑めるよう、あともうちょっと頑張りまーすbottle

2008年12月28日 (日)

来年は!

来年は!

 ショパンのワルツ1番。
 やっとこさ譜読みが終わりました。年内にはなんとか!と思っていたのでとりあえず一安心か・・・まだまだこれからという感じですが、来年のできるだけ早い時期にすらすら弾けるようになってピアノ教室に復帰を果たしたい!!
 
 弾く曲の選曲はほとんど自分でしますが、この曲は先生に選んでもらった曲です。
 こういう楽しげな曲もたまにはよいですね←暗い曲好みの私です。

2008年8月31日 (日)

久々に

 ピアノを弾いてみた。ノクターン2番。
 まだ大丈夫でした、暗譜。
 やっぱりいいですね、ピアノ弾くのって楽しいな、と思った。
 
 ピアノ教室の発表会が終わってからというもの、全くの抜け殻。
 出産を終えないことにはレッスン再開の目処も立たないので、とりあえず月謝制はやめて(オカネもないしweep)チケット制のレッスンへと変えてもらい、行けそうな時に予約して行くことになりました。
 それにしてもいつ行けるかわからないんですけど・・・今練習しているのはショパンのワルツ1番です。今度は選曲は先生におまかせしました。

 明日から9月ですね。
 あ、子供の名前、決まりました。名前はダンナが決め、漢字は私が決めました。
 私はホントは山にちなんだ名前にしたかったのですけど、稜(りょう)とかね。カッコいいやん?どんなオトコマエかと思うでー。でもダンナとダンナの父の反対にあい、画数も良くなかったのであきらめました。
 で、決定した名前は・・・カッコいい名前ではないですけど、音楽にちなんだ名前に・・・(ちょっとこじつけっぽい感じなんですけども笑わないでね)。

2008年7月22日 (火)

やれやれ

 7月20日、ピアノの発表会でした。

 演奏した曲は3曲。

 アルベニス:スペインの歌より「アストゥリアス」
 アルベニス:スペインより「タンゴ」
 グラナドス:12のスペイン舞曲から「アンダルーサ」

 *アストゥリアス*
 しょっぱなから弾き間違えです。全然見当違いの鍵盤を弾いていて自分でもビックリ!
 弾き直しは厳禁!と思いつつも、本当にしょっぱなだったので弾き直す。
 気を取り直したつもりがなかなかうまくいかず、音を外しまくる。
 ホールで弾いてるから音がよおく響いて気持ちがいいけど、外した音もよおく響いて逃げ出したくなる。
 結局わけのわからないまま1曲目終了。聴かされている方もわけがわからなかったろう。練習ではわりとそこそこ弾けるようになっていたのですが、人前で弾くとなると『緊張』というハンデが重くのしかかるため、「そこそこ」程度のレベルでは全然ダメですね。とわかっていてもやっぱり悔しいんだよな・・・「練習の時はもっと弾けたのに!」ってね。

 *タンゴ*
 自分で選んだ曲なのに、弾いててちっとも楽しくない曲でした。
 練習にとりかかった直後に入院して練習中断。退院後も寝たきりの生活だったため体力が落ち、何をするのもしんどかった中で、ひとりほそぼそとこの曲を練習していたことを思い出すとますますイヤになり・・・
 楽譜が白いわりにはリズムや運指が難しく、暗譜も難しかった曲です。
 本番では思ってたとおりのとこできっちり間違えました。でももうどうでもよいです。この曲から解放されることがうれしいので。
 なんでこんな曲選んだんや、自分!?

 *アンダルーサ*
 好きでしたね、これ。楽しく弾けました。
 これだけ弾けばよかったんですね、きっと(爆)!
 リハーサルでは大事故起きましたけど、本番は無事に弾けました、ほっ。
 これは実は去年の秋に練習始めて、暮れには仕上げてた曲なのです。要は「それくらい前から準備して弾き込め」ってことなのでしょう。 

 ダンナにビデオを撮ってもらい、今日観ました。
 ダンナはしきりに「選曲が悪い、華がない」と言っていました。そうかなーと思ったけど、ビデオ見ると「そうかもなあ」と。
 選曲にミスがあったとは思わないけど、華がないってのはあたってる。
 私、楽しそうに弾いてないんだよな。覇気がないというか・・・。そういえば先生にも言われたことあったっけ。「もっとノリましょう!なんかつまらなさそう・・・」って。
 今回のビデオ見て、去年でたらめになりながらもノクターン弾いてたときの自分の方が好きかも、って思った・・・。

 今回はなんか別の意味でも落ち込む発表会でしたわ・・・。
 アタシってなんだかすっかり老け込んじゃってるかも?って・・・。
 
 終わったあとは大人のレッスン生の人たちとお茶して楽しかったです。
 次に何を弾くかということと、来年2月くらいに大人だけで集まってどこかでピアノ借りて発表会しようかというハナシで盛り上がりました。
 
 そしてドレスを返しに行き(今回はエンジ色のワンピースとゴールドのパンプスにしました・デジカメ持ってたのに写真撮るの忘れました)、ダンナと焼肉行きました。そしてまた暴食し(ダンナより肉たくさん食べた・それでもなお追加しようと迷ったがやめた)呆れられ・・・

 もうこれからは家でおとなしくしてなあかんのよ

 と、釘をさされたのでした。
 前日、東京日帰り(24時帰宅) → 今日、発表会

 いささかハードでしたが私は全然元気です。でも子は疲れたかもなぁ。
 ま、妊婦姿もビデオに残せたし、『ふたりで立つ舞台』というのもいい思い出になりました。 

2008年7月 9日 (水)

最近余裕なし

 もうすぐピアノの発表会です。
 今年はヒマなくせに練習がはかどらず、6日にリハーサルがありましたが何回も止まって弾きなおしてしまいましたcoldsweats02
 なんでこーなるの!? 人前で弾くと練習の時には間違えたこともないとこで間違えたりするんですよねー。
 暗譜は一応できているつもりですが、弾いてる途中で記憶が何度も薄れかけ・・・非常にヤバイ状態でした。
 先生にも「やばいねー」と言われ、「暗譜はしばらくやめて楽譜を見ながら練習して」と。長い間取り組んでいるゆえの慣れと適当さがごっちゃになって、どんどん悪化していく・・・そんな感じだからだそうですcoldsweats01
 そして先週から週に2回のペースでレッスンに。
 3曲も弾こうなんて欲張るんではなかったわ・・・shock
 

 でも去年のノクターン13番よりはマシです。。。
 あの時は本当に落ち込みましたけど、「あれよりヒドイことはない」と思えば少しは気が楽です。そう思えば、最低のところまで落ちるという経験をすることもけっして悪いことではないですね。

 気を楽にしてる場合ではないですね、あと少しの間がんばります。 

2008年6月 4日 (水)

カワイのフルコン

 6月1日、近藤さんのコンサートに行ってきました。その件についてはのちほど書くとして、たかこ姫さんとOTOさんがウチに泊まりに来てくれましたーhappy01
 毎日ヒマヒマですのでね、話相手はネコだけという生活ですのでね、これは刺激的です。何日も前から楽しみにしておりました。
 
 おふたりにとってはめったに来ることのない大阪。しかしながら身重の私を気遣ってくださり、2泊3日の大阪遠征も道頓堀をちょろっとうろついただけで・・・またいつかゆっくり観光しましょう!
 
 コンサート前に梅田のカワイショップに行きました。
 1時間3150円でカワイのフルコンEXが借りられるのです。狭いレッスンルームのようなところですが、1000万円のピアノを弾けるのはドキドキわくわくです。
 今回は2時間借りることにしました。3人でミニコンサートですheart

 たかこ姫さん
  リスト:リゴレットパラフレーズ
  ベートーヴェン:ピアノソナタ「悲愴」
  ショパン:ノクターン第8番 など

 OTOさん
  ショパン:バラード第1番 など

 あっこ
  アルベニス:アストゥリアス、タンゴ
  グラナドス:アンダルーサ
  ショパン:ノクターン第2番

 7月の発表会で弾く予定のスペインもの3曲&ノク2を弾きました。
 スペインものは胎教に悪そうなので(特にアストゥリアスはbearing)、妊娠してからノク2を復習していました。この曲なら穏やかだし暗すぎないし良いかなーと思って。

 まあそんなことはさておき、曲名だけ見てもわかるように、アタシのレヴェルはおふたりの足元にも及びませんですが楽しく弾いてまいりました。
 どんな音がするのかと弾く前にかなりドキドキしましたが、弾くともっとドキドキしました!すんげえ鳴る鳴る!右ペダル踏んでジャーンと和音を鳴らしてみた日には「この音どこから出てんねん?」ってなくらい響く響く。
 鍵盤も軽くて弾きやすかったしすごく響くし弾いてて爽快でした。きもちい~。
 あ~こんなピアノで毎日練習したい!

 姫さまが演奏を録音してくださったので、7月の発表会へ向けての反省をしたいと思います・・・coldsweats01 
 やっぱりもっとうまくなりたいよなぁ・・・練習しなあかんなぁ。

 ベートーヴェンやバラ1、やっぱカッコいいよなぁheart02
 今回もおふたりからいい刺激をもらい、勉強になりました。姫さま、OTOさまありがとうございましたheart  

2008年5月 5日 (月)

スパニッシュ!

Tango

 アルベニス作曲:「スペイン」より『タンゴ』

 途中入院とかしちゃってレッスンを中断したものの、なんとか弾けるように。
 この曲、楽譜は簡単そうです。楽勝だと思っていたのですが、難しかった。。。なんかむしょうに弾きにくい・・・どうも苦手です、リズムが・譜面が。
 7月の発表会で弾きたいんですが、これはまだまだ練習要です。
 発表会ではスペイン系の曲を3曲弾く予定。

 アルベニス:「スペインの歌」より『プレリューディオ(アストゥリアス)』
 アルベニス:「スペイン」より『タンゴ』
 グラナドス:「12のスペイン舞曲」から「アンダルーサ」

 どや!!!impact


Asturias

 先週から『プレリューディオ』の練習に入りました。
 譜面は読みやすいですが、スピードがカナメな曲なので・・・私にはかなりの難曲になりそうですが、とっつき始めの今の感じは「タンゴ」のように嫌な感じはしません。

 毎日ヒマなのになかなか練習できひんなぁ・・・なんでやろ。
 去年みたいに間際まで追い詰められて苦しまないようにしなくてはcoldsweats02