calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセスカウンター

  • access countゴルフクラブ パター ショッピング検索エンジン上位表示ミルクジャグ
無料ブログはココログ

マタニティ

2008年9月10日 (水)

入院

入院
タクシーにて産院に。
個室希望しました。今、近藤さんのピアノハートフォージアースを聴きながらまったりしています。
今夜はダンナが付き添いしてくれます。
陣痛の間隔は五分おきです。生理痛のキツイバージョン&便秘痛という感じで、確かにこの痛さは私の人生において新種の痛みですが、思ったほどの痛みではないな。今のところは。まだ子宮口2センチしか開いてないらしい(>_<)
10センチにならないと産まれないらしいよ(>_<)
それではこのへんで。余裕があればまた更新します。イタタタ…

陣痛開始

朝から痛い。
便秘の痛さと全く同じな感じでしたが…夜になってからは腰痛も加わり…それがますますパワーアップしてきた!
そろそろ産院に電話してみよう。
その前に…おにぎりとゆで卵と味噌汁(久しぶりに飲む!)で腹こしらえします。

2008年9月 8日 (月)

おしるし

 昨夜はどうにもこうにも腹が重くて、座ったら最後、立ち上がるたびに4つんばい、何かにつかまりながらでないと立てない。
 「ひぃぃぃぃ、きみはいったい何グラムになってるんや?さては3キロ超えてしもてるやろ!?」(次回の計測は10日の予定)。
 骨の上にがっしりと子が乗っかっていると実感・・・骨が痛い。一晩中寝返りうつのもひと苦労。
 
 今朝6時頃、なんだか違和感を感じてトイレに行くと生理の始まりのような出血のあとが・・・
 トイレの中で「お!いよいよ出てくる気になったんか!?」と腹をポンと叩くも、、、お腹も腰も骨もどこも痛くないんだよな。昨夜はあんなに骨が痛んだのに。
 相変わらず胎動もあるし。
 おしるしがあっても1週間くらい産まれないって人もいるし、その日のうちに出産って人もいるし個人差があるみたい。

 さて今からどうするべきか・・・ダンナには「早かったら今夜」と言ってあるけど、他の身内(私の実家も含めて)にはまだ連絡してません。
 とりあえず昼から洗濯をして風呂に入っておこうっと。入院準備はほとんどできているので心配なし。入院用に買って冷蔵庫に保管しているチョコレートクッキーとガルボを忘れないようにしなくては。えび満月とジャガビーはもうバッグに入ってるし。
 あと、ホームセンターで買い物しようと思ったんだけど・・・明日&あさってが「ポイント5倍Day」でして・・・今日買うより明日買う方がポイントが5倍得なんだよなぁ。
 いつ生まれるんだろ。今度10日が検診なんだけど・・・10日までに生まれるならホームセンターの帰りに喫茶店でクリームソーダ飲みたいなー。たこ焼きとコーラをテイクアウトってのもええな。でも10日以降になるんだったら体重測定あるから我慢せな。

 10日に生まれてくれたらいいなー。
 2008年9月10日。
 8,9,10で語呂もいいし。

 ま、元気で安産ならいつでもいいけどネ。
 また実況報告します(笑)happy01

2008年9月 3日 (水)

まだまだだと

 今日は検診の日でした。
 臨月に入った8/18から週に1度の検診ですが、いつも3時間くらい待たされるのでシンドイです。。。体重測定あるから朝飯抜きで行ってるし余計にシンドイわ。。。
 
 4月から悩まされ、解消はムリだと思っていた「むくみ」が先週にやっと治りました。おそらく原因は出歩きすぎ?今は出歩くと横腹がすぐに痛くなって、7,8分くらいで行けるスーパーへ行くのにも15分くらいかかってしまうのです。電車に乗って出かけることもしなくなったし。
 マッサージも効果があったのかも。お風呂で足を揉むと気持ちよかったです。いつも足がだるい感じがあったのですけど、今はそれがなくなりました。

 もういつ生まれてもいいように準備はしているのですが、今日の検診では「まだまだ先やなー」と言われました。
 子宮口がまだまだ固いそうです。子の大きさは今日は測らなかったけど、2週間前で2600グラムだったので決して小さい方ではなく、このまま放っておくと予定日過ぎて大きめの赤ちゃん出産になり、手こずりそうだと・・・。

 ええーっ、自分では絶対安産のような気がしていたのにな。手こずりそーなんかい!?
 
 そこで医者からパンフレットを手渡されました。
「これ、外で読んでください。しばらくしたらまたお呼びしますんで、どうするか決めてください」
 某製薬会社の「子宮頚管熟化剤」のパンフレットでした。予定日2週間前になっても子宮口が固い場合に使う「子宮口をやわらかくする薬」だそう。
 こんな薬あるんかー、全然知らなかったわ。。。ネットや本で出産についてはいろいろ調べているつもりなんだけど。
 陣痛が始まっても子宮口が固いと難産になりがちなので、前もってやわらかくしておくための薬みたい。
 しばらくして看護師さんが来て「読み終わりました?注射なんですけど受けられます?」と・・・えーっ、こんなん打って明日にでも陣痛きたらどうしよー・・・と、「いつ生まれてきてもよい」などと思っていたわりにはビビりまくる私。それにこのパンフレット、この薬の説明について書かれているだけで、薬品名が書かれてないやん・・・大丈夫なんか?
「陣痛促進剤ではないので、効き目については人それぞれです。だいたいはそんなにすぐに陣痛がきたりすることはないですよ」とのこと。そして、「勧められた人はほぼ全員受けられますよ、絶対にイヤだとおっしゃる方はいません」と。
 そうか、それなら・・・ということで結局注射してもらいました。
 あー、ラクに産めたらよいけどなぁ。なんだかこの10ヶ月間、入院時の点滴から始まり、いろんな薬を投与されたような気がするわぁ・・・。

 医者は「高齢出産なので」とかはひとことも言わないけど、やっぱり若い人に比べたらかなりのリスクはあるんやろなぁ。
 今は40歳過ぎても無事に難なく出産する人も多いし、母子手帳に「マルコー」のハンコが押されることもないです←友達に「あっこちゃんの場合、母子手帳にマルコーのハンコ押してあるの?」と聞かれたことがある。 
 
 高齢出産のリスクといえば、ダウン症などの染色体異常児が生まれる確率が高くなる、ということで、それを前もって知るために羊水検査(出生前診断)をするというテもあったのですが、私はしなかったです。した結果「ダウン症の確率高いです」とか言われても・・・もう心臓動いてる命を絶つ(堕ろす)ことはどうしてもできないだろうと思ったので。
 でも妊娠する前は私はこの検査を絶対やろうと思っていたし、結果が悪ければ生むのをやめようと思っていたから、そういう選択をする人のことを批判はしません。
 自分がいつまでも元気で、子供の面倒をずっと見続けることができるのならいいけれど、障害を持った子供を残して自分が先立つことを考えると、「自分の子だから、かわいいから」という理由で自分も家族も苦労をするのをわかっていて生むのはどうかと思っていたのです。今の時代は健康な人でも普通に生きること(就職して結婚して不自由ない老後を送るということ)が難しい時代なのでね。。。


 妊娠していると気付かずにしたこと
 ① 飲酒・喫煙
 ② USJでいろいろなアトラクションに乗った
 ③ 寒空の下、ベランダで長時間大掃除(椅子に乗って網戸をつけたり外したりして重かった)
 ④ スポーツジムにて岩盤浴・温泉・サウナ→エステで全身マッサージ70分
 ⑤ 正月だったのでネコを連れて里帰り(ネコとケージの重さ8キロ&自分の着替えなどボストンバッグ1個を両手に、駅の階段を登ったり下りたり)
 ⑥ 正月は夜更かし、暴飲・暴食
 ⑦ 太ったのでジムでランニング&筋トレに励む

 よく耐えたなぁ・・・我が息子、エライぞ!
 入院中も毎日毎日点滴、痛かったなぁ。あの頃は家に帰りたくて仕事に行きたくて寂しくて泣いた日もあったけれど、小さな命がいつも私と一緒に・一生懸命いろんなことを乗り越えてきてくれていたんだなーと思うと、どんな子であっても精いっぱいの愛情を注いで育てていこうと思えてしまうなぁ。

 息子よ。
 まだ存在を知らぬうちは①~⑦のような苦労をさせたけど、生まれてきたらとーちゃんとかーちゃんと一緒に、笑って笑かして楽しい人生を送ろーぜぃ。
 もうひとつ。
 スルッと簡単に生まれてきてネ、頼むわcoldsweats01

2008年8月 5日 (火)

ひきこもり妊婦

 9ヶ月も後半になり、子も2300gになりました。お腹の中で窮屈そうにむぎゅーむぎゅーと動いています。
 これくらいの時期になると大きくなった胎児に胃を圧迫されるため食欲がなくなるのが普通みたいですけど、私の場合は相も変わらず。毎晩「お腹すいた」と思いながら布団に入り、毎朝「やっと飯にありつける!」とダンナが起きてくる前にすでに食べ始めております。体重は今のところ6キロ増です、まだまだ気は抜けません。

 先月の検診で貧血と言われ、鉄剤を飲んでいます。
 飲み始めてから随分体調がよくなったので安心していたら、「食べ物からも採るように努力してますか?」とイタイところを突かれ、ちゃんと貧血が治っているか今度再検査します、とのことであわてております。
 ひじきやほうれんそうやバナナを意識して採るようにはしてて、鉄分入りの牛乳は毎日飲んでますけど、肉や魚はあんまり食べてないのでヤバイかも・・・植物由来の鉄(非ヘム鉄)はからだに吸収されにくいそうで、たくさん採りたいなら動物性の食物からでないと難しいそうです。なので先週からはカツオやレバーを食べることにしています。

 そういえば貧血の他に「さかご」だとも言われました。
 下のような「さかご体操」を1週間続けましたら治りましたが・・・

20080805085411

 こんな事やらんでも治るのになーと思ったけど、東京に行く前だったのでマジメにやりました。私が思うに、この検診の時はタイミング悪く、たまたまさかごになっていただけのことだと。
 さかごになっているかどうかは自分でもなんとなくわかるものなのです。子がお腹の中でぐるぐるっと回ったり、すごい下の方で蹴られたりすると、「あー、またさかさまになってるなあ」と思う。
  下の方で蹴られると結構痛いしビックリします。足がズボっと出てきそうな感じがするんで・・・でもここ最近は大きくなったので派手な動きもしにくくなったのか定位置にいるようです。いい子です。
 
 それにしてもこの暑さ・・・弱ります。
 昼間は外を出歩かないようになりました。暑い夏、本当は大好きなんですけどね。こんなカラダでなかったら・・・毎日のように荷物を背負ってあちこち出かけて灼熱にじりじりやかれて過ごしているはずです。
 現在は・・・このありさまです。
 寅次郎の横で、私も同じ様態でおります。目を開けたままじいっと横になってます。
 妊婦になってからいったいどれだけの脳細胞が死滅しただろうか・・・考えるとぞっとしますわ。。。

20080804101811


 うちのリビングは結構広くて、おまけに窓がデカイので昼間は暑くて居られません。冷房もかなり冷やしこまないと涼しくならないので電気代がかかるし。。。なので6畳の寝室でごろごろ。眠くもないのにごろごろ。日差しが暑いのでカーテン閉めたまま。
 寅次郎も同じく。眠くないけどとりあえずココに居れば涼しいからココでごろごろ。
 仕方ないことだけど光熱費は働きに出てた頃よりだいぶアップしてるわな。おまけに今は稼ぎもないしねえ・・・(泣)。かといって会社を辞めたわけではないので税金や社会保険料を会社に払わないといけないんですよね。社会保険料だけで毎月5万近く会社に振り込んでんですから・・・(号泣)、住民税は別途請求が来るらしい。それに加えて妊婦検診料で毎回5000円くらい取られて、赤ちゃん用品や妊婦グッズなどなどオカネは出ていくばかりです~sign04
 そうそう、今年の7月から「無料検診」が今までの2回から7回に増えたんです。でも私の場合はもう妊娠後期なため、1回しか追加してもらえませんでした。トホホ。

 母親教室にもこのあいだ初めて出席してみました。
 7月28日の15時から産院にて。14時半くらいに「そろそろ出かけようかしら」と思っていたら空は真っ黒・・・神戸で数人の死者を出した、あの「集中豪雨」の時ですわ。
 しかも運悪く、朝に布団干してたんだよなー。汗だくになりながら私の分とダンナの分と2セット・・・あわててベランダに飛び出したけどものすごい水しぶきで布団も自分もびしょ濡れ。
 母親教室には若干遅刻。あの雨では傘さしてても意味ナシ、濡れて気持ち悪いし寒いしで集中力低下。終わったら早々に引き上げました。友達作るどころではなかったです。みんな若いし(ケバいし・・・)、ちょっと溶け込めそうになかったな。。。高齢出産っていろんな意味でツライわね・・・。

 ひきこもり妊婦なので出産準備もお手軽に通販で。
 新生児用肌着のセットとお布団のセット。

 20080805094309  


  
 20080805094405_2

 両方、クマさんなのだーheart 超カワイイheart
 
 今日は朝っぱらから長文書いて充実しているワ。
 ちょっくら外出でもしてみようかな。

 実は医者から「これからは体調と相談しつつ運動もしてください」と言われているのでした。。。

2008年6月28日 (土)

8ヶ月目に入りました

Photo

 腹の子は1300gになっていました。
 写真は足(太もも&ふくらはぎ)です。ひざを曲げて写ってます。なかなかたくましいですなぁ。
 今回の検診は母と行きました。写真で見るより病院のモニターの方が腹の子の姿が断然わかりやすくリアルに見えるので、一度見せてあげようと思ったからでした。

 前回の検診ではおちんちんらしきものが確かに見えたのですが、今回は見えず。
 先生と看護師さんと私と母の4人でモニターを凝視しましたが・・・子は足をしっかりと閉じ、両手も股の間に・・・まるで隠しているかのようでして。照れていたのでしょうか。
 顔はよく見えました。口をぱくぱくと開けていてビックリ。「あ!口が・・・」と言おうとしたら次に片目がパチリと開閉。ウインクしたのかい?でも・・・
 白黒画像やし、、、ちょっとコワかった・・・shock

 8ヶ月目に入りました。いよいよ「妊娠後期」です。これからは検診が月に1回から2週間に1回になります。
 イヤやでー。マメに体重管理せなあかんしぃ。
 1ヶ月に1キロ増を目標に頑張ってますが今回は苦労しました。東京で食べ過ぎ&姑が牛肉をたくさん持ってきてくれたので、しゃぶしゃぶやカレーや肉じゃがを作って食べてた週があったため、なかなか体重が元に戻らず・・・shock
 お腹もなんだか急に大きくなってきたような気がしていました。今までは階段や坂道で多少息切れするくらいで平地を歩くのは妊娠前とほとんど変わらなく、東京でも人ごみの中をスイスイ歩いていたのですが、最近は足を前に出しにくいというか・・・小股歩きしかできなくて不便な感じです。
 で、体重が元に戻るのに時間がかかっているのにもかかわらず、食欲は相変わらずでして。検診の3日前にダンナに「ミュンヘン(ビアホール)に連れてって」と言ってしまい、から揚げ(ミュンヘンのから揚げは美味しいですよねえ)、ミニステーキ、フライドポテト、ピザ、焼きそば・・・食うわ食うわ、追加注文しまくり。ダンナに「かーちゃん、まだ食うの!?」と呆れられる始末。

 あんたはビールで腹が膨れてるんやろぉ!あたしは食べ物で満たすしかないの!

と言いつつグラスビール1杯飲んだんやけどsmile

 翌日からは再び野菜生活に・・・3日に1度だった便秘薬を毎日飲んでみた。毎日飲んでも害はないらしいけどなんとなく抵抗があって3日に1度くらいにしているんですが、毎日飲んだら毎日出てスッキリ。
 3日後の検診では『前回検診より500g増』となり・・・しまった、ちょっと減らしすぎた!これはまた次がしんどいぞ!
 先生に「3食食べてますか?お米食べてますか?」と・・・3食は食べているけど米は4,5日食べてなかったな。
 だって米って茶碗に軽ーく1杯で250kcalもあるんやもん。250っていったら結構な数字。同じ250ならご飯1杯よりも野菜たっぷりの炒め物とかスープとかの方がお腹ふくれるもんねえ。
 でも野菜ばっかり食べ続けてると正直、アタマふらつく時あります。疲れがなかなか取れなかったりやたらと眠かったり。ベジタリアンの人って、身体的によっぽど丈夫なんだろな。。。

 検診後は近くのホテルのランチバイキングに行き、「あんた、大丈夫?」と母に呆れられるくらい食べました。
 
 

2008年6月 8日 (日)

妊婦・東京ひとり旅

 1泊2日で東京に行ってきました。近藤さんのコンサートだったので。
 今まで随分と一人旅に出かけていたように思いますが、これでしばらく封印しなくてはいけないかな・・・コンサート終わってホテルに戻ったとき、しみじみしてしまいました。泊まりの旅行はこれで最後なんだなぁと。。。
 ホントはもう1回くらい出かけたいところですが・・・梅雨入り前に信州とか行っとくべきでした。悔やまれます。

 今回の東京も4月と同様、飛行機で行きました。
 妊娠してると他の人より早く搭乗させてくれるのですが、4月は乗り込もうとすると引き止められましたsad その時の対応が結構イヤな感じだったので、今回は普通の人と同じように搭乗しようと思っていたら向こうから声をかけられました。そして座席番号を聞かれ、「20分前になりましたら優先的に案内させていただきますので」と。今回は堂々と・引き止められることもなく優先搭乗できました。
 帰りは思ったより早く羽田に着いてしまったのでチェックインカウンターに行き、予定より1時間早い便に変更してもらいました。そしてお土産物色後、保安検査を通過して、それでもだいぶ時間が余ったので搭乗口からだいぶ離れた売店でおにぎり食べてたら、「OO様でらっしゃいますか?」と声をかけられ、優先的に案内できるからあと30分ほどしたら搭乗口に来てください、と。
 妊婦は飛行機に乗る際、座席番号だけでなく名前や服装までチェックされてるんやなぁ。乗ったら乗ったで中で人が待っていて、荷物を棚に入れてくれたり。そりゃあもう大切な扱いをしてもらえました。
 でも本当に大事にしてもらいたいのは妊娠2~4ヶ月の頃なんだけどね・・・その頃はつわりがあったり流産しやすい時期でもあるし。でもまだお腹が出てないから周りからは妊婦だと認識してもらえないんですよね。
 マタニティマークのワッペンとかキーホルダーとかカバンにつけてても全然気がついてもらえないしねえ。

Photo

 これつけてる女性を電車やバスで見かけたら席を譲ってあげてくださいね。
 キーホルダー型の他にステッカーもあります。

 でもな、、、これつけて出歩くのって結構抵抗あったりするんだよな・・・だってなんだかさ、いかにも「席譲ってくれよ!」って言ってるみたいでサ・・・。なので私はあんまり活用しなかったな。


Tower

 JR浜松町駅北口付近で撮影。梅雨の晴れ間で天気もよく、ラッキーでした。もっと遅い飛行機を予約して、ウロウロ観光するべきだったかな・・・。

 なんか最近、妙に気ばかり焦る・・・自由な時間は今だけよ、といろんな人から言われるし。生まれたら出歩くどころか寝るヒマもないし、でも赤ん坊が可愛すぎて出歩く気がしなくなるもんなんだってサ。
 そういう話を聞かされるとなんとなく凹む今日この頃。。。もう長いこと家にいるし、昼寝に夜更かし、ダラダラ癖がついちゃってるし・・・こんなんで社会復帰できるんかなぁ。仕事しないで家にいるということについての罪悪感がどうしても抜けないのよ。何故・何に罪悪感を感じてるのかわかんないけどcatface

2008年5月29日 (木)

7ヶ月目に入りました

7

 心霊写真ではありまへんで・・・超音波写真です。顔と首と胸あたりでしょうか。
 こんなんがお腹に入ってんねんなぁ。。。
 この顔写真ではなく、足の裏の写真がかわいかったので載せたかったんですが、わかりにくいのでやめました。

 今朝、ダンナは落ち着きがありませんでした。いつもは検診に行くと言ってもどことなく他人事のように「そうか」ですませていたのに今朝は「結果をすぐに知らせてくれよ」と。
 今日、性別が判明する予定になっていたのです。
 
 周囲からは「女の子のような気がする」と言われていたのですが、私は「きっと男の子だ!」と思っていました。自分が女の子の親になると想像してみてもどうもピンとこなかったのですよね。
 昨夜ダンナが「かーちゃんは男の子やったら思いきり甘やかしそうやから、女の子の方がええかもわからんな」と・・・

 そうかもな・・・ダンナをそっくりそのまま縮小したかのような男の子だったらめっちゃ甘やかしてダメ男にしてしまい、家庭崩壊・・・
 確かにな・・・長い目でみたら女の子もいいかも。なんといっても女の子は家の手伝いをやってくれるしな。
 
 結局のところ、どっちでもええということで、心の準備をしていきました。
 健康ならばどっちだっていいじゃないか。

 でもでもでも・・・やっぱり男の子がいい!どうか男の子でありますよう。アタシにゃこれが最初で最後の出産になるのだろうからさ。

 結果。
 男の子でしたlovely ブラボーshine
 泥だらけになって走り回って、時々へんな虫とか捕まえてきてアタシを困らせてほしいです。
 しかしそのような遊び場所がここらへんにあるのかどうか。

 とにかくゲーセンに入り浸ることだけはしないでほしいですshock

2008年4月11日 (金)

妊婦体験

Photo  もう1ヶ月近く前の話ですが、ダンナと一緒に「共働き夫婦のための子育てセミナー」なるものに行ってきました。
 区民ホールで開催され、最初1時間半くらいは大ホールで講演を聞き、講演後は会議室みたいな部屋で「沐浴体験」「おむつ交換の仕方」「妊婦体験」などの実演コーナーがありました。どこのコーナーも黒山の人だかり、講演後にノンビリかまえていた我々はすっかり出遅れ近寄れず。
 まぁ、沐浴だのおむつ交換などはここで勉強しなくてもそのうちまたどこかで教えてもらえるだろうし、今から勉強しても忘れてしまうだろうということであっさり見送り。
 でも妊婦体験(お腹が大きくなったらどれだけ重くてツライか、実際に重りを身体に装着して体験してみる・写真参照)は、今ここでしかできそうもない。ダンナ興味津々。
 行列ができていたがこれは並んでみた。私たちの前に並んでいた男の人は重りをつけてしゃがんだあと立ち上がろうとしておもいっきりよろけていてカッコ悪かった・・・それにしても大の男がよろけるほど重いのか・・・私もやってみたかったがこの体験は男性限定モノのようでした。
 ダンナの番が回ってきたのでカメラ用意。装着の瞬間から立ち姿、係の人の説明を聞く姿、しゃがみ姿、次々と連写camera
 しゃがんでから立ち上がろうとする瞬間も逃すまいとカメラを構えていると、係の人に「奥さんも話を聞いてくださいねー」と注意されてしまいました(写真はまさにその瞬間)。
 そして最後には2ショットを撮ってもらって終了。面白かったです。

 大ホールに戻ると今度はビデオ上映会になっていて、沐浴の仕方も上映されました。
 若くてピチピチの竹下景子が・・・
「これはおそらく30年くらい前に作ったビデオやな、クイズダービーに出てた頃の竹下景子や」
 と、ダンナに言ってみるも・・・実はこういう類いのネタは彼からの同意を得られないことが多い。ウチのダンナは東村山音頭も電線マンもしらけ鳥も知らないんであるcoldsweats02 今回もまたスベってしまった。
 
 無料のセミナーだったので行ってみたけど、別に行っても行かなくてもよかったかなというのが正直なところ。
 母親学級はマジメに出といた方がいいかな・・・こないだ保健師さんから電話かかって、「お友達もできるし楽しいですよ」と言われたけれども・・・3食昼寝付&話し相手はネコだけという生活に慣れてしまうと、知らない人の中に出かけていくのが億劫でなかなか足が前に出ません。でも行かないわけにもいかないので、連休明けたら考えようっとsweat01