calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセスカウンター

  • access countゴルフクラブ パター ショッピング検索エンジン上位表示ミルクジャグ
無料ブログはココログ

« 北海道グルメ♪&etc♪♪ | トップページ | 久々ひとりたび »

2010年10月18日 (月)

魅惑の大衆演劇

 10/18月曜日、母とふたりで朝日劇場というところに行き、大衆演劇を観てきました。
 朝日劇場は通天閣のたもとにあります。

 大衆演劇とは何かといいますと、純和風のお芝居や歌や踊りのショーですわ。説明が難しいです。詳しく知りたい方がいらっしゃれば「劇団紀伊国屋」で検索してみてください。

 母がこの劇団の座長である澤村慎太郎さんにハマっており、この人の女形は素晴らしい、惚れ惚れするで!というのです。
 もともとは母の兄がこういうのが好きで、同窓会などの宴会の場で踊るための研究もかねて通っていたのですが、父の死後、母を連れて行くようになり、母は最初はあんまり興味なかったそうですが、数回通ううちにハマっていったようです。
 
 この間は憧れの座長さんと握手ができたと言って喜んでおりました。ファンとしてはまだまだ駆け出しの母ですが、楽しみが見つかってよかったです。

 ホンマになんも考えんと楽しめるで。クラシックみたいに高尚じゃないからアンタはどう思うかわからんけど・・・と自分から誘っておいてなんとも気弱な母。
 別にクラシックが高尚だなんて思ったことないけどな。近藤さんのに行くのだってホンマになんも考えんと行ってるし。楽しいから好き、好きだから観に行く。他に理由なぞなくてもいいと思うけどな。

 初の大衆演劇観覧。
 1500円(前売り価格)で3時間15分、歌と踊りと芝居をあますところなく観られます。役者さんたちは男になったり女になったりチンピラになったりセクシーになったりひとりで何役もこなしてました。
 観客は私が最年少かと思われましたが、途中から、私より若そうなのがひとり入ってきました。チェッ!

 母が惚れている座長の澤村慎太郎さん、確かにキレイでした。テレサテンの「悲しい予感」にあわせて踊った時の色っぽさと美しさ、素人な私でもはっとするほど!立ち居振る舞いはもちろんのこと、目線の動かし方とか唇のゆるっとした感じとか・・・うまく言えんけど、とにかくツヤツヤ。いやあこれには驚いた。
 衣裳も魅惑的でした。着物と洋ドレスの中間のような緑色のふわふわっとした衣裳。私、歌舞伎は何度か観に行ったことあるんだけど、女形の役者さんを見ても今までなんとも思わなかったけど、慎太郎さんはとにかくキレイでした。これは母が夢中になるのもわかります。

 コアなファンの方々は最前列や通路側に陣取り、お気に入りの役者さんにはおひねり(万札や金一封の封筒)を胸元に差し入れたりしていました。

 最後は役者さんたちがお見送りをしてくれます。
 母は慎太郎さんにあんなに憧れているというのに話をしたことがないというのです。そういうときは私の出番!ただ最近はだいぶカンが鈍っているんですが(笑)。

 好きなのに、喋ってみたいのになんで喋らないのかと聞くと、「このおばちゃん誰や?」と思われるのがイヤなんだそうです。私なんて2年以上『あんた誰や?』と思われ続けていましたがね。

 取り巻きが数人いらしたので、とりあえずその人たちが去るまで待つ。
 「あんた・・・なに待ってんの?」と、おどおどする母。
 喋ったことないて言うから喋ろうと思ってんねん。
 えー!喋らんでええわ、帰ろうや・・・

 と、言ってる間に取り巻きの方が帰ったので、
「母に連れられて初めて来ました。とっても楽しかったです。きれいでした」
 と、フツーに取り掛かったあとで、
「去年父が亡くなって・・・母がすっかりしょげてたんですけど、慎太郎さんのお芝居に来さしてもらうようになってから元気になって活き活きしてきたんです、ありがとうございます。また来さしてもらいますんでよろしくお願いします」
「そうですか、それはよかった!また来てくださいね」と言ってもらいました。

 まあまあ最初はこんな感じで上出来やろscissors

 親孝行したわなあと思っていたのに母は・・・
「あんたあんなにベラベラ喋って・・・次、恥ずかしくてよう行かれへんわ・・・」
「そんなに喋ってへんやん、ちょっとだけやろ」
「父が死んでどーのこーのとか、いっぱい喋ってたやん、次どうしよう、恥ずかしわ・・・」
「1回喋ったくらいではどうせ覚えてへんて」
「いや、結構覚えてるで、お客さんのこと」
「じゃあよかったやん、覚えてもらって」

 ということで。今は恥ずかしいとかなんとか言っているけど、母は必ずやまた行くでしょう。それも近いうちに。

 次はデジカメ持っていこ。
 写真をゲットしたら次はその写真を持って行ってサインをねだる、やなrock

 帰りは串カツ食べて帰りました。昼間に飲むビールは最高。

20101018104721_2

« 北海道グルメ♪&etc♪♪ | トップページ | 久々ひとりたび »

コメント

爆笑です。

親子の会話も、面白い。
人の事だったら、恥ずかしい感情がなくて
どんどん進んでいける、会話もできる。
自分の事だったら、どんどんしり込みしてしまう。
人間て面白いですね。

お母様も、そう言いながら、話したわlovely~とかお友達にプチ自慢されてますよ。あっこさんが一人で喋ったん(笑)言わずに。
素敵な一日でしたね!

姫さま
充実の1日でしたsmile
照れる母を見るんは初めてでしたしsmile
面白いので、またついて行こうと思いますsmilesmile

こんにちは、あっこさん

楽しい一日のブログなのに、なぜだか涙がでてきてしまいました。何でだろ…
あっこさん母娘のやりとりいいですね!
わたしも、親をさりげなく(!?)大事にしたいと思いました。

まささりさん
 こんばんは☆
 あらあら・・・涙が?!
 
 おじさん(母の兄)はとっても優しい人で、いつも母のことを心配してあれこれ世話をやいてくれるのです。今度は京都にバス旅行に行くと言っていました。「兄ちゃんが京都につれていってくれるねん」と母も楽しみにしているようで。父が亡くなったときもすぐに仕事を切り上げて駆けつけてきてくれたし。
 父の死後は「きょうだいっていいなあ」と思うようになり、かんたにも妹か弟を・・・と思うことも。ああしかし赤ん坊の世話など金輪際ゴメンだとも。。。
 なんかコメントのお返事にはなっていませんがcoldsweats02

 やさしいお兄さんとパラサイトの息子2名、おちゃらけ娘とかわいい孫、父が残してくれた大勢の友達(父はなにげに顔の広い人だったので、その人たちが絶え間なくなんやかんやとうっとうしいほどに連絡してくるそうで)、そしてそれに慎太郎さんが加わり、母も「悲しんでるヒマがあんまりないような感じやねん」とのことです。

 まささりさんも親孝行、楽しんでくださいね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017916/37293747

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑の大衆演劇:

« 北海道グルメ♪&etc♪♪ | トップページ | 久々ひとりたび »