calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセスカウンター

  • access countゴルフクラブ パター ショッピング検索エンジン上位表示ミルクジャグ
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月12日 (日)

蘭越クラシックス 名曲コンサート

 ベートーヴェン 
  ピアノソナタ第8番「悲愴」

 ショパン
  スケルツォ第1番、第3番
  エチュード「別れの曲」「革命」
  ノクターン第8番
  幻想即興曲
  ワルツ第3番、第7番
  アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ

 (アンコール)
  ショパン
   エオリアンハープ
   スケルツォ第2番
 
 2010年9月4日(土) 午後4時開演  蘭越パームホールにて


 またまた行ってきました。懲りもせず北の果てまで。
 5月に行ったときは雪がまだ少し残っていましたが、今回は雪も溶け、緑豊かな蘭越でした。なんだか別のところに来たみたい。
 
 
 Photo

 5日間北海道にいましたが、晴れたのはこの日だけ。近藤さんはほんっと晴れ男だな。

 「もっと早く来といてくれりゃあよかったのに。今回の家族旅行が雨ばっかりでシケたのは近藤さんのせいやな!

 などとブツクサ言いながら富良野から蘭越へドライブ。4時間くらいかかりました。

 開演30分前に到着。すでに駐車場は満杯に近い。たくさん来てるねええ、地元の人たち。うれしくなりました!
 そして開演。

 冷房がないのはあたりまえ。北海道ならでは。このホールもそうでした。
 でも今年の夏は北海道でも猛暑だったそうで、本州に比べれば随分涼しいのには間違いないけど、冷房がないのはちょっとキツイ・・・100人規模の小さなホールに人がひしめきあっていたので余計に暑かったです。
 でも木のぬくもり感じられるあったかくてやさしいホールでした。木の香りがするんですよbud

 近藤さん登場し、悲愴を演奏。
 かなり暑そう・・・途中上着脱ぎ、曲の合間に汗をぬぐい・・・そのうち近藤さん自体に悲愴感が・・・眉間にしわ寄せ、、、本当にしんどそー・・・だんだん顔もけわしくなってきたぞ・・・
 演奏はよかったけれど体調が心配。
 そして窓を開けることになり、足元にワインクーラーみたいな入れ物に入った氷の塊をセット。これで少しでも快適に弾けるだろうか?
 立ちくらみならぬ座りくらみを起こしました。と近藤さん。くらんでいたんだな・・・確かに。ホントに余裕なさげな顔でしたもん。脱いだ上着も無造作に置いてたし。倒れなくてよかったです。

 一度はくらんだ近藤さんもだんだんお元気になられ、ショパンの曲はバリバリ。ダイナミックな演奏でした。しばらく聴いてない間にずいぶんパワーアップされたなあという印象。ベートーヴェンの録音も調子よく進んでるみたいだし、それも影響してるのかなあ。録音っていろんなことをじっくり考えないとできないんだろうし、そういうじっくりと腰を落ち着けた仕事の影響がショパンの演奏にも反映してるんだろうなと思いました。
 ステキ。ウフフ。

 小ホールならではの、「音が自分のからだにはねかえる感じ」がよいですねー。
 大ホールだと壁に音が反響するのを聴く感じですが、小さいところだと全部自分とこに来ます。自分の骨に響いているからそれはまた特別な感触です。
 満喫したなあ。

 スケルツォ1番が特によかったです。2番も3番もよかった。キリリと鋭い演奏でした。かっこよかった!!
 王子ホールに行きたくなりました。行けないけど・・・。


 演奏会のあとはパーティです。
 地元の食材を使ったお料理の数々。ホールの横に厨房とレセプションホールみたいなのがありました。
 生ビールもつぎ放題でした、うひょひょ。
 我々のレンタカーはメロディさんに託すことにいたし、飲んでまいりました。

 メニューはトマトとチーズのサラダ、鮭のちゃんちゃん焼き、めっちゃあまーいコーンスープ(カン坊はおかわり)、焼き帆立貝、、、あとはなんだったっけ?お肉もあったし、メロンも。なんしかいっぱいの種類のお料理が食べきれないほどいっぱい出ました。スタッフのみなさんが一生懸命に作ってくださって、いつもお皿にはできたてのお料理が乗っかってました。今回の旅行ではグルメ好きな我々、あちこちでうまいもんを食べあさりましたが、蘭越での食事は一、ニを争う美味しさ&豪華さでした!
 食事したホールにもピアノ(アップライト)が置いてあり、近藤さんが楽譜を持ってきて座るので驚きました。我々、ピアノのすぐそばのテーブルにおりましたもので。腕があたるくらいの距離で近藤さんが弾くのを聴いてきました!一回こーゆーの経験してみたかったのよねー。
 何を弾くのかと思ったら「余興をされるそうで、そのバックミュージック」だそうでした。
 スタッフさんの中にひとり、すごいおもしろい人がいて、料理の紹介の時にはコックさんの衣裳で出てきて、りっぱなひげだなあと思ってよく見たらマジックで書かれたものでしたeye
 近藤さんが弾いたのは「北の国から」のテーマ曲。さだまさしの「あーあーああああああ」ってヤツ。
 うちのダンナは「北の国から」の大ファン。実際に3日の日には大雨の中、私とカン坊を車に残してひとりで富良野の五郎の家やらを見学し、蘭越へ向かう車の中ではこの「あーあーああああああ」の歌を流しながらうっとりとしていたのでございました。
 そんな曲を弾いてくださるなんて!でもこのときダンナ、カン坊の相手で外に出ており、聴けず。
 北の国からのドラマには興味ないけど、近藤さんの演奏にはしみじみしました。北海道に来たなあと。
 近藤さん、手をすごい下げて弾くのねえ。手のひら全部が鍵盤にくっついてました。いつもああなのかなあ。
 いやはや、腕があたりそうなくらいの近さで演奏を見聞きできたのは貴重でした!
 
 ちなみに余興は五郎(田中邦衛)の物真似でした。めっちゃ似てました。衣裳も凝っていたし。会場は大いに盛り上がってました。楽しかったわー。
 
 でも五郎の物真似、ウチのダンナもかなり上手ですsmile

 富良野はお花畑や畑がきれいでしたが、蘭越は手つかずの大自然といったおもむきで、同じ北海道でも随分雰囲気が違います。
 私は蘭越の方が好みでした。

 パーティ後はメロディさんの運転でホテルへ。ありがとう、メロディさん、助かりました!
 ホテルの温泉も広くてきれいで、お湯もしっとりしててとってもよかったです。
 

2010年9月 4日 (土)

富良野〜蘭越へ

富良野〜蘭越へ

 今日は素晴らしい天気です。富良野から蘭越までドライブします。4時間くらいかかるとのことです。
 出発後すぐににファーム富田に寄ってみました。さすがにラベンダーは終わってましたが、いろいろ咲いてました。

2010年9月 3日 (金)

雨です

雨です

 今日は十勝岳に登ろうと思いましたが雨がひどくて断念。
 美瑛をドライブしました。雨で寒かったです。
 美瑛といえば丘の風景がきれいなところ。まぁ雰囲気だけでもと写真におさめました。
 今回の旅行はツイてないなsweat02
 ホテルの水道が大雨で濁り、風呂もレストランも閉まっちゃったしなぁ。

夏の家族旅行

夏の家族旅行


 昨日から家族三人で北海道に来ています。
 涼しいわ〜〜〜!
 昨日は旭川にいましたが日中でも25度前後でした。
 旭山動物園に行ってきました。なかなか楽しかったです。
 写真はチンパンジーのラブシーンです。向かいあってディープなキッスをしていました。
 チンパンジーのことを気持ちわるいと思ったのは初めてでした…。カン坊も怖かったらしく、いぁ、いぁ…と言いながら逃げ出してしまいました。まだ動物園の良さは彼にはイマイチ理解できぬようでした。
 ダンナはシロクマ館の中で職場の部下に会いました。日本は狭いな。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »