calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセスカウンター

  • access countゴルフクラブ パター ショッピング検索エンジン上位表示ミルクジャグ
無料ブログはココログ

« 一応復活 | トップページ | 夏の家族旅行 »

2010年7月23日 (金)

ここ最近のできごと

 なかなか更新できませんわ。。。
 
 とりあえずここ最近の私の行いについてダイジェスト、といえば聞こえはよいが、おもいきり省略形でお送りします。

 foot5月
 北海道に出かけたまでは書きましたが、その2週間後に福岡に行きました。今度は単独行動ですscissors
 近藤さんとマルティヌ弦楽とのカルテットを聴きに。
 これ、最初は「東京と大阪」で公演とのうわさだったのに「東京と福岡」に変更になったのですよね。どーゆーこと!!!
 と、そんなには怒ってないんですけどね。
 アタシには距離よりも日にちと時間が大事・・・息子の預け先さえ確保できればどこへだって行けるといえば行けるのですが・・・東京は平日の夜だったため却下。福岡は土曜の昼間だったので日帰りで行ってきました!
 とっても素敵なひとときをすごしました。
 ショパンのピアノ協奏曲とドヴォルザークのピアノ五重奏曲第2番。
 私の座席はホールのまんなかくらい。ソロコンサートじゃないから前の方の席は外し、あえてまんなかあたりの席を買いました。
 失敗でした。ショパンの曲はなんだかピアノばっかり響いて、音がわんわんと反響して濁って聴こえて、なんだかものすごいショックでした。
 これをプラハで披露するのか・・・ちょっとそれはどうだか。。。近藤さんはこんなもんじゃない!どうすればいいのだ、アタシはどうすれば!!と、嘆いたところでどうしようもないが、どうしようもないことゆえに胸をかきむしる。うぎゃー、あーいーうーえーおーshockうぎゃーdash

 次の曲はメロディさんがおとなりの空席に呼んでくれて、最前列で聴きました。
 あれっ!!!
 すごいイイぞ!!!ほんとうにピッタリとくる演奏。すごい素敵な心地よいハーモニー。それにみなさんの情熱に心うたれ。最初から前の方で聴けばよかった。今回は座席選びに失敗しました。
 詳細はあんまり覚えてないけど、とにかくすごいよかったのだけは覚えてます。もう1回聴きたいと強く思ったのも覚えてます。でも日本における公演はこれが最後。プラハに行けばもう一回聴けるのに・・・
 でもアタシはプラハツアーには行けないのです。。。
 愛しい息子を置いて1週間も出かけることはできません。かといって連れて行くこともできないし。

 かわいいカン坊と離れたくない < 海外に行ってまで子供の世話に縛られたくはない

 置いてっても連れてってもシンドイの。40を過ぎるとね、そろそろムリはきかなくなりますね。
 でも次回は参加したいワ。もちろん子供は置いてくワ。

 福岡でサイン会に出てみました。「もう1回聴きたいです」と彼に想いを打ち明けましたところ、「CDになりますよ~」とのお返事。

 プラハにいらっしゃいよ~とは言ってくれないのねcrying

 でも久しぶりに近藤さんと会話できたのでとってもとってもうれしかったですheart01
 過去にはあれこれと妙な言葉を浴びせかけて近藤さんを困らせていましたが、あれは当時アタシにとりついていた別の人間がやらかしたに違いないですわ。

 ほんとのアタシはとってもオトメなの。


 今、ハイボール飲みながら書いてますsmile


 
  foot6月
 6月5日、6日にやまと郡山へ。
 パーティつきのスペシャル企画でした。翌日は3大ピアニストで、2日連続で奈良まで出かけ、自由な時間を満喫しました。

 
 foot7月
 3大ピアニストの時にホールで衝動買いしてしまったのが「大野雄二&ルパンティックファイブ」というジャズのコンサートのチケット。7月11日、17時開演。日曜なのにダンナは前日から泊まりで仕事、カン坊とずっとふたりで家にいるのもキツいしな、、、ちょうどいいタイミングで興味深いコンサートがあり、大変助かりましたhappy02
 やまと郡山城ホールは託児サービスがあるので素敵です。気軽に聴きにいけますもんね、子供さえ預かってくれればsmile 
 ルパン3世の曲や犬神家の一族、人間の証明などのテレビ音楽も演奏されました。聴いてみるとジャズというよりロックみたいな感じでしたが、たまにはクラシックから離れてみるのも楽しかったです。
 エレキギター、ドラム、サックス、ピアノ、ベースギター、トランペット。6人のグループの演奏でした。
 トランペット(松島啓之さん)が特によかったなあ。久々に私を唸らせてくれました。楽器を演奏してるんじゃなくて歌っているかのような演奏でした。ご本人はいたって冷静にマジメな面持ちで吹いてらっしゃるんだけど、その演奏は「音」を越えて「声」のように肉感があって素敵だったのです。

 今月は31日に、またまたやまと郡山城ホールへ。今度はオケです。ファミリーコンサートなのでカン坊も一緒に聴けますnote

« 一応復活 | トップページ | 夏の家族旅行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017916/35856723

この記事へのトラックバック一覧です: ここ最近のできごと:

« 一応復活 | トップページ | 夏の家族旅行 »