calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセスカウンター

  • access countゴルフクラブ パター ショッピング検索エンジン上位表示ミルクジャグ
無料ブログはココログ

« 書けんなぁ・・・ | トップページ | あの世体験 »

2009年11月12日 (木)

すべてに感謝

 またまた10日ほど会社を休んでいます。
 
 3日に父が亡くなりました。

 先月15日に脳梗塞で倒れ、入院していた父でしたが、その後回復してリハビリに励んでおりました。最初ICUで点滴をしていたのが数日後に点滴も外され大部屋に移り、月末には退院するつもりでいたようですが、27日に病院で倒れ、それからは意識戻らずでした。

 3日はたまたま有休を入れていました。
 先月、11/3なぁ・・・有休入れようかな、でもまたカン坊が風邪とかひくかもしれんし大事に取っておいた方がいいかなあ、でも1日くらい取ってもいいかな、んーやっぱりやめとこかなー・・・と迷いに迷って結局有休取りました。
 おかげで朝から父のそばにいることができました。血圧が下がり、手が冷たくなり、顔が蒼白になって、徐々にあちらに旅立っていく様子をずっと見守っておりました。
 
 結婚してからは実家にもあんまり帰らず、でしたが、去年~今年の育児休暇中は実家にしょっちゅう帰っていました。
 あの時、私の体調や精神状態がおもわしくなく、実家に帰らざるをえなかったのも、今振り返ってみれば、そうなって本当によかったのでした。
 父の運転でいろんなとこに行きました。梅を見に2回、桜を見に3回、ゴザ敷いてお花見もしたし写真もいっぱい撮りました。
 私が本来のように元気ハツラツで、子育ても楽しんでいればこんな思い出はできなかったでしょう。

 人生はうまいぐあいに回っている。
 退屈だと思っていても、人生にムダな時間というものはない。
 苦しい状況におかれても、それには全て意味があってそうなっているのだ。

 と、思います。

 享年68歳。
 ちょっと早かったなあ。もうちょっとカン坊を見ててほしかったなあ。
 先月、カン坊を風呂に入れてくれた父がもういないとは信じられません。
 きっと本人も驚いてると思います。え!ワシ、死んだんか?って。退院したら小豆島に紅葉を見に行くといって病室であれこれ計画してたそうです。

 結婚して12年。父は私の暮らす家にはほとんど来ることはありませんでした。
 弟や母に「たまにはアッコとこに遊びに行ってやり」と無理やり連れられて来たのが3回くらいでしょうか。
 でも今年9月22日にふらっと1人で私の家に来たのです。カン坊が一時退院してた時でした。1人で来るなんてありえん!とビックリして「なんで来たん?」と聞くと「かんちゃんに会いにきた。特に意味はないけど前々から今日来ようと決めていた」と父は言っていました。
 
 マンション売って一緒に住んだらええ、とか、近くに売り家があるからそこを買えとか、父はカン坊が生まれてから言うようになりました。冗談言いなやーと母と二人で笑ってましたが。
 カン坊ともっと一緒にいたかったんだろうなあ。。。
 
 カン坊のおかげで私も親孝行が少しできました。カン坊が生まれてなかったら今年は花見も行かなかっただろうし、父と写真をたくさん撮ることもしなかったと思うので。

 あらためて、カン坊の誕生に感謝。
 そして、父へ。私を誕生させてくれて、育ててくれてありがとう。


 ・・・・・・次はなんか楽しい記事を書きましょうかねcoldsweats01

« 書けんなぁ・・・ | トップページ | あの世体験 »

コメント

ただ、ただ絶句して読みました・・・。

かんちゃんが生まれて来てくれて、
おじいちゃんが、かんちゃんと一緒に過ごせた時間があって良かった。

ウチの父親曰く
「孫を産んでくれた、それだけで親孝行」
きっとどの親も同じ気持ちだよね。

気の利いた事、言えんでごめん!!
お父さんのご冥福をお祈りしています・・・。

このたびはご愁傷様でした。
日にちがたつにつれて、ますます悲しみがましてくると思いますが、どうぞお身体おいとい下さい。
「かんきさん」の文体、近藤さんのブログの文体に似ていると思うのは私だけでしょうか・・・ (笑)

mapleかんき
 コメントありがとう。
 もし結婚してなければ「最期まで安心させてあげられなかった」と悔やむだろうし、子供を産んでなければ「孫を抱かせてあげられなかった」と悔やんでいただろうし、産んだ今となっては「短い間しか抱かせてあげられなかった」と悔やむし、もっと長生きしたとしても「苦労ばっかりかけた」なんて悔やむんだろうし・・・そういうもんなんだろうとあきらめることにしますsweat02
 かんきのお父さんの言葉に救われました。ありがとう。
 きっと私が思う以上にカン坊のことがかわいくて、生まれてきたことがうれしかったんだと思うわ。 

mapleひろりんさん
 昨日と今日は箱根に旅行してきました。会社の同僚と。夏頃から計画していたので。
 そういう気分ではなかったことは確かですが、ゆっくり風呂にはいれて、静かなとこで寝られたので体の疲れはとれたような気がします。
 七五三の着物を着た子供を見かけたとき、去年の七五三の日にカン坊のお宮参りにみんなで行ったことを思い出し、あの頃父は元気だったのになあとか思ったり、紅葉を見ては、父が今年の紅葉を楽しみにしていたことなどを思ったりしました。
 
 かんきの文体が近藤さんのに似てるhappy01
 言われてみればそんな気もしますネ。
 そういや近藤さん、11/25の23:15~の「シルシルミシル」というテレビ番組に出られるそうですネheart
 今年はもう近藤さんに会えない(28日の明石は仕事なので行けませんsweat01)ので、この情報はうれしかったです。

 かんきも見てねー。またメールするね。

久しぶりに開けてびっくりしちゃったよ。


若いよなぁ・・お父さん。
うちの親父もそれくらいちゃうかなぁ・・。

私「おとんどこ行った??」
おかん「死んだ」

店の客「マスターほんま元気よなぁ」
私「殺しても死にませんねん」

とか冗談ゆうてるけどさ
実際おらんくなったら
胸にぽかーんと穴開くんやろなぁ。

店もなくなるしさぁ。


お父さん。
痛みなく
静かに旅立っていかれたんだね。

よかったって言葉は違うよな気がするけど
そんな風に思うよ。


日も経って
ちょっとずつ癒えてきたとこに
遅遅のコメントごめんよ・・。


12月20日。

かんたと観にこーい♪

notemiyan
コメントありがとう。
そやねん、痛みも苦しみもなく逝ったんが救いやわ。
でも思ったんは、よく「死ぬ時に言いたい言葉」とか「最期に伝えたい言葉」とか話題になったりするけど、死ぬ間際ってのはそんな状況じゃあないってこと。意識がない状態が何日も続くか突然死ぬかがほとんどで言いたいことを言いながら死んでいく人なんてあんまりいないんじゃないかな。。。感謝とか愛情とかは元気な時にこそたくさん伝えておくべきなんだと思ったよ。自分が元気なうちに、相手も元気なうちに。 相手が親だとやりにくいけどねcoldsweats01
miyanのお父さん、これからも元気でいてくれるといいね。
12/20は愛染さんかな?パソコン見てなくてごめん!今、体調崩して伏せってまして…
だいぶ良くなったから明日にでも見とくね〜。

notemiyan
携帯からちょこを見させてもらいました。20日はOBバンドやったんね。まだまだ先と思ってたけど、そうか、そういえば暮れにやるんだったよね。まだどうなるかわからんけど検討しとくheart04
先ほどのコメントで藍染さんを愛染さんと誤字してしまい、大変失礼しましたm(__)mm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017916/32186935

この記事へのトラックバック一覧です: すべてに感謝:

« 書けんなぁ・・・ | トップページ | あの世体験 »