calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセスカウンター

  • access countゴルフクラブ パター ショッピング検索エンジン上位表示ミルクジャグ
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

最後の・・・

note 近藤嘉宏 ピアノ三大作曲家 名曲探訪の旅(オールショパンプログラム) note

(第1部)
 ワルツ第12番
 ワルツ第4番「華麗なるワルツ」
 英雄ポロネーズ
 ノクターン第20番「遺作」
 舟歌
 ピアノソナタ第2番「葬送」

(第2部)
 ポロネーズ第5番
 マズルカ第13番
 マズルカ第7番
 エチュード作品10より第12番「革命」・第3番「別れの曲」・第4番
 エチュード作品25より第1番「エオリアンハープ」・第6番・第5番・第12番
 バラード第4番

(アンコール)
 ワルツ第12番
 ピアノソナタ第2番から
 ワルツ第7番
 英雄ポロネーズ


 2008年11月23日(日・祝) 午後6時半開演 フェスティバルホール

 
 近藤さんのフェスでのコンサートもこれがとりあえず最後。来年からここは立替工事に入り、5年後に新しいホールができあがるそうです。

 そしたら必ず帰ってきてね、ねえあなたheart01

 許されるならば抱きついてほっぺにチューでもしたい気分だ。

 コドモ産んでもいっこうに、落ちつかないあっこです。
 カン坊、すまぬ。

 11月23日は!23日は!23日は!
 と、出産前からわめいていたせいで、ダンナも家にいてくれることになり、安心して出かけました。
 ありがとう、あなたheart01
 礼は言ったが抱きついてチューはしなかった。コドモが生まれれば夫婦はそんなもんである。
 
 さて今回のコンサートはDVD収録をするため、前もっていろいろな注意事項がありました。
 早めに着席すること、楽章間で拍手をしないこと、曲が終わってもすぐに拍手をしないで最後の音が消え終わって2拍くらいしてからにすること、演奏中はプログラムやチラシをめくったりしないこと、など。
 この季節、どこの会場に行っても、曲が終わるたびにゴホゴホと咳こむ声が聞こえるものですが、ずーっと静か・・・終始本当にびっくりするくらい静かでした。2700人が一丸となってDVD収録に協力。今回は聴衆の集中力に圧倒されたコンサートでした。

 このDVDは来年2月に出来るそうで、予約を受け付けていました。
 会場に着くなり速攻で予約。当たり前でしょーーーsmile

 さてさて演奏の方はオールショパンということで、ワルツからノクターン、マズルカ、ソナタ、ポロネーズ、バラードと盛りだくさん。近藤さんの演奏で聴くのは初めてな曲もいくつかありました。
 どれが一番よかったかなー・・・私はワルツがよかったんだけどな。特に一番最初の12番。近藤さんのブログを見ると「照明の手違いで暗くて、うまく弾けなかった」みたいなことが書いてあったけど・・・え?そうなん?めっちゃよかったけどな。澄んだ音で優雅で、よかったけどなぁ。。。
 ショパンのワルツってイマイチ興味なかったんですけど、結構イイかもな。もっと弾いてくれんかなあ。
 次によかったのは、うーん、今回はホントに甲乙がつけがたく、決められない。これは困った・・・いえいえ、どんどんアタイらを困らせておくんなましheart02
 
 全体の感想としては、「すごくよく出来たプログラム」だったってこと。
 ショパンの1から100まで知れた気分になるほどでした。「オールショパンプログラム」って聞くと「ふーん」・・・ってな感じで、だいたいどんな雰囲気になるか予想できたりしますが、今回のコンサートはちょっと他とは違うぞ!と思えるような内容でした。これほどさまざまな曲を弾くには弾き方や聴かせ方もいろいろ工夫しないといけないだろうにな。
 全然退屈しなかったの。これがDVDで残るなんて嬉しい!!

 最後はスタンディングオベーションで近藤さんを賞賛。今回はアタシ1人じゃありません、大勢の、2700人が総立ちに近いほどの規模。アタシが見たかったのはこういう光景だった!!!なんだか自分のことみたいに嬉しかったわ~happy01
 実はコンサート前に「ラストはスタンディングオベーションで近藤さんを喜ばせましょう!」みたいな提案が主催者からされていたのですが、ラストのバラード4番が終わったあとだけではなく、アンコールでも総立ち!事前教示があったとはいえ、あれだけの人数を立たせることはなかなかできないと思うよ!すごいわっ、近藤さんheart02
 今までにない盛り上がりを見せたコンサートだったけど、一抹の寂しさもありました。。。何年間も続いたコンサートシリーズがこれで本当に終わっちゃうんだなーって。
 新しいホールが完成したら戻ってきてほしいわー。その頃にはカン坊も大きくなって、一緒に聴きにいけるわね! 
 

2008年11月26日 (水)

勉強(BlogPet)

ポテチくんが美容院へ勉強したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「ポテチくん」が書きました。

2008年11月14日 (金)

カン坊七変化

 カン坊、生まれて2ヶ月が経過。
 元気に成長しています。
 夜中、暗がりの中で見る寝顔はほんとうに素晴らしい。自分が生んだ子とは思えん・・・これはきっと天から舞い降りてきた天使、、、そう思えますね。
 
 ところで最近は笑顔のようなものを見せてくれるようになりました。
 それ以外にもいろんな表情をします。
 以下、カン坊七変化と題して、7枚の写真をご紹介します。


Photo_8

 寝てるとかわいいんだが・・・
 

Photo_5

 泣くとこうなるcoldsweats02


Photo_6

 機嫌のいいときは結構ハンサムなのだが・・・


Crying

 泣くとこうなるshock
 マンガみたいだ・・・shock


 お次は入浴シーン。
 カン坊はお風呂好きらしく、産院で沐浴実習の時、複数の助産師さんが「あら!この子全然泣かへんわ。お風呂好っきゃねー。」と言ってました。
 でも最近は寒いからか風呂の洗い場に行くと泣く時があるんですけど、お湯につかるとぴたりと泣き止みます。
 泣きはしないが両手は常にグーrockにしています。気持ちはいいが、若干緊張?
 瞳はあらぬ方向をじっと見据え、口はむんずと結んでいます。その姿はまるで・・・


Photo_7

 大仏。


Photo_2

 TKO木下・・・



Photo_3

 内山くんsign02

2008年11月11日 (火)

フィッシュセラピー

フィッシュセラピー


 健康ランドに行きました。そこでフィッシュセラピーやってたので体験してみました。10分で500円。
 ぬるま湯の中に小さい魚がたくさんいて、その中に足を入れると魚が寄ってきて垢や角質をついばんでくるるんだそうです。
あっというまにいっぱい寄ってきました!
 つくつくつくと心地よい刺激。足のうらも心もちきれいになったような気がしました。

2008年11月 8日 (土)

気分転換

 ちと古いネタですが、10/30に朝から枚方に行きました。
 大東楽器さんで近藤さんのレクチャーがあり、ぴあのさんが誘ってくださったので、これはいい気分転換になるなあと喜んで出かけました。
 近藤さん本人が来たのではなく映像での講座でしたが、ピアノは本物が置いてあり、近藤さんが映像の中でピアノを弾くと、置いてあるピアノが自動で動くという、凝った感じの講座でした。
 映像とはいえ、動いてる近藤さんを見るのは久しぶりで、見ていてなんだかとても懐かしく思えました。あ〜こんな顔だったな、こんな声だったな、って。
 ショパンのエチュードについての講座だったんですが、私がエチュードに手をつけることはだいぶ先のことだろうし、いや、もしかするとないかもしれないので、すごくぼんやり聴いてしまって内容はあんまり覚えてません(^_^;)
 なのでとてもミーハー的に近藤さんの姿にぼんやり見とれていました。
 近藤さんて素敵だよね〜、いつ見ても。あの素敵さが羨ましいな。どうすればいつもあんなに素敵でいられるんだろ、やっぱり「努力」やろなぁ。頑張ってる人は素敵だものね。。。
 帰りにぴあのさんとSさんと三人でパスタ食べて楽しかったです。前にここにコメントいただいたしのぶさんにもお会いすることができうれしかったです。ぴあのさん、お誘いありがとうございましたm(__)m
 23日はさらにたくさんのファン友達に会えるんでうれしいな。楽しみです。

2008年11月 6日 (木)

静かな夜(第2弾)

 20081105220501 神戸オリエンタルホテルにて。


 昨夜飲んだお酒は
 生ビール(中)2杯、ふぐのひれ酒2杯、カクテル3杯(バラライカ、ロングアイランドアイスティー、アラウンドザワールド)

 ダンナが以前お世話になったラトビアの剣道部の人たちが神戸に来ているということで、食事をご馳走することに。かーちゃんも来て、と言われ、「カン坊の世話があるから」とシブっていました、というのはウソで、英語でしゃべらないといけないのでシブっていましたが結局出かけてきました。
 妊娠・出産で脳細胞が大量に死滅したので(このノンビリした時間を勉強の時間にあてなかった自分が悪い・全ての妊婦がこのようなことになるわけではありませんので)、ダンナから英語の本を貸してもらったけれど役に立たず。←実は読む気がしないので読んでいない。
 ここ最近、ラトビアの人たちに何をご馳走しようかダンナが悩んでいたので、何が食べたいか聞いたら?と提案。返ってきた返事は・・・
 「フグが食べたいんやて。彼らはフグに対して憧れを抱いているらしいわ」
 外国にはフグはないのかぁ・・・しかし外国人でなくともフグに対しては憧れるものだがね。
 しかしまぁ久々のフグづくしはウマかった。会話の方は・・・聞かんといておくんなまし。相当の脳細胞が死滅しておりますから、私。
 彼らは正直なところ・・・フグに満足してたとは思えないな。でも話のネタにはなってたと思う。水槽で泳いでるフグをデジカメで撮りまくっていたし、ひれ酒のひれに火を入れるシーンなどは大喜びして、またまたデジカメで撮りまくり。

 そして今度は「明日仕事やしー」とシブるダンナとともに、神戸オリエンタルホテルのバーに。ここ、好きなんだよなぁ。
 子供を授かったことはよかったけれど、やっぱり二人きりだった生活も懐かしい・・・。
 話題の3分の1はカン坊のことだったけどね( ^ω^ )

 というわけでまたまたカン坊は実家に預けて自宅に1泊。
 今から帰ります。 

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »