calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセスカウンター

  • access countゴルフクラブ パター ショッピング検索エンジン上位表示ミルクジャグ
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

8ヶ月目に入りました

Photo

 腹の子は1300gになっていました。
 写真は足(太もも&ふくらはぎ)です。ひざを曲げて写ってます。なかなかたくましいですなぁ。
 今回の検診は母と行きました。写真で見るより病院のモニターの方が腹の子の姿が断然わかりやすくリアルに見えるので、一度見せてあげようと思ったからでした。

 前回の検診ではおちんちんらしきものが確かに見えたのですが、今回は見えず。
 先生と看護師さんと私と母の4人でモニターを凝視しましたが・・・子は足をしっかりと閉じ、両手も股の間に・・・まるで隠しているかのようでして。照れていたのでしょうか。
 顔はよく見えました。口をぱくぱくと開けていてビックリ。「あ!口が・・・」と言おうとしたら次に片目がパチリと開閉。ウインクしたのかい?でも・・・
 白黒画像やし、、、ちょっとコワかった・・・shock

 8ヶ月目に入りました。いよいよ「妊娠後期」です。これからは検診が月に1回から2週間に1回になります。
 イヤやでー。マメに体重管理せなあかんしぃ。
 1ヶ月に1キロ増を目標に頑張ってますが今回は苦労しました。東京で食べ過ぎ&姑が牛肉をたくさん持ってきてくれたので、しゃぶしゃぶやカレーや肉じゃがを作って食べてた週があったため、なかなか体重が元に戻らず・・・shock
 お腹もなんだか急に大きくなってきたような気がしていました。今までは階段や坂道で多少息切れするくらいで平地を歩くのは妊娠前とほとんど変わらなく、東京でも人ごみの中をスイスイ歩いていたのですが、最近は足を前に出しにくいというか・・・小股歩きしかできなくて不便な感じです。
 で、体重が元に戻るのに時間がかかっているのにもかかわらず、食欲は相変わらずでして。検診の3日前にダンナに「ミュンヘン(ビアホール)に連れてって」と言ってしまい、から揚げ(ミュンヘンのから揚げは美味しいですよねえ)、ミニステーキ、フライドポテト、ピザ、焼きそば・・・食うわ食うわ、追加注文しまくり。ダンナに「かーちゃん、まだ食うの!?」と呆れられる始末。

 あんたはビールで腹が膨れてるんやろぉ!あたしは食べ物で満たすしかないの!

と言いつつグラスビール1杯飲んだんやけどsmile

 翌日からは再び野菜生活に・・・3日に1度だった便秘薬を毎日飲んでみた。毎日飲んでも害はないらしいけどなんとなく抵抗があって3日に1度くらいにしているんですが、毎日飲んだら毎日出てスッキリ。
 3日後の検診では『前回検診より500g増』となり・・・しまった、ちょっと減らしすぎた!これはまた次がしんどいぞ!
 先生に「3食食べてますか?お米食べてますか?」と・・・3食は食べているけど米は4,5日食べてなかったな。
 だって米って茶碗に軽ーく1杯で250kcalもあるんやもん。250っていったら結構な数字。同じ250ならご飯1杯よりも野菜たっぷりの炒め物とかスープとかの方がお腹ふくれるもんねえ。
 でも野菜ばっかり食べ続けてると正直、アタマふらつく時あります。疲れがなかなか取れなかったりやたらと眠かったり。ベジタリアンの人って、身体的によっぽど丈夫なんだろな。。。

 検診後は近くのホテルのランチバイキングに行き、「あんた、大丈夫?」と母に呆れられるくらい食べました。
 
 

2008年6月22日 (日)

太郎に格上げ?

 ダンナは仕事が忙しく、帰ったり帰らなかったり。帰ってきても午前様である。
 今までの私ならダンナを待たずに寝ていたが、今は一応待っている。

 ダンナは開口一番、私に聞く。
「太郎と次郎は元気やったか?」

 太郎とはdownwardright
 Photo


 あれ!?これは寅次郎では?
 そうなんですけど・・・ダンナは「寅次郎」という名前にやたらと執着心を持っており、腹の子を「寅次郎」と名づけたいと。
 それはネコの名前やろ!と言うと、「ネコは寅太郎に格上げする。襲名披露パーティは9月に行う」だと。


 Photo_2


 寅次郎は寅次郎だ!ウチのかわいいかわいい息子の名前である。姿はネコだが10年近くのあいだ、共に暮らしてきたかわいい息子であることに変わりはない。
 腹の子と仲良くなってくれればいいけれど・・・。

 不思議なことがありました。
 今年の年始でした。いつもは私の足元で熟睡する寅次郎が突然お腹の上でスフィンクスのような姿勢で寝るようになったのです。重くて寝られないので「どいて」と、その巨体を脇にのけていました。でも次の日もお腹に乗ってくるので、「なんで急にお腹に乗るの?」と聞いてみたけど返事はなく、また脇にのけました。でも寅次郎は足元には行かず、お腹にそっともたれかかって寝るのでした。
 そして妊娠が判明し、入院をし、退院をして、また寅次郎と眠る日々に戻りました。寅次郎はもうお腹の上には乗りませんでしたがもたれて寝るのは相変わらずでした。
 で、しばらくそんな日が続きましたが、ある日突然に再び足元で寝るようになりました。その2日後に病院の診察があったのですが、その時に「もう大丈夫でしょう。仕事も行っていいですよ」と言われ、安静の指示が解除になったのでした。

 寅次郎はずっと前から全てを知っていて、守ってくれていたのではないかと思うのです。
 ダンナは「んなもん、気のせいや!」と言いますが。


 Photo_3
 
  
 しかしまぁ、腹の子に寅次郎と名づけようとは・・・私は大反対。
 「嘉宏ってのはどう?」とダメもとで言ってみると・・・「お前っ、まさか昼間オレがおらへん時に『よしひろ~heart』なんて話しかけてるんとちゃうやろなimpact」と、半分thunder(カミナリ)モードになったので、この話は取り下げました。。。ま、仕方ないわよねえ。私自身も「よしひろ~」なんて呼び捨てにでけへんし。子供の名前呼ぶたびに赤面するってヘンやしなcoldsweats01 というわけで「よしひろ」は却下です、すみませんcoldsweats01

 
Photo_5


 寅次郎は人見知りが激しいのですが、本当はとっても甘えん坊です。
 抱っこしてーとスリスリしてこなくとも、私がいるところについてきて寝ます。
 リビングでテレビ見てたらリビングに、ピアノ弾いてたらピアノの部屋に、寝る時は寝室のたんすの上に、そして電気を消したらたんすから下りてきて私にくっつきます。
 お風呂に入ると時々激しく鳴きます。そんな時は「ここにいるよー!」と叫ぶと静かになります。
 私が入院している時は若干荒れていたそうです。「かーちゃんが帰ってきて顔つきが穏やかになったような気がするわ」とダンナが言っていました。
 そうかそうか、カワイイやつよのぅhappy02


 Photo_4


 今年の冬は寒かったうえに一緒にいる時間がたっぷりあったので抱っこもいっぱいできました。
 ほんとにカワイイやつよのぅ。。。

2008年6月21日 (土)

公開講座

 6/15(日)に枚方の大東楽器さんにて近藤さんの公開講座がありました。
 朝10時半~12時半までというスケジュール。

 いやぁ、いいオトコは朝っぱらからいいオトコですわー。そこらへんのサラリーマンのように寝ぼけまなこでもボサボサでもなく、ぼんやりモードでもカリカリモードでもなく、『おやおや皆さん、とおの昔に夜は明けたんだよ』、みたいな・・・
 意味不明?
 すんません。 

 この講座はヤマハの講師向けのものですが、一般のお客も入れました。
 楽器屋さんの一室で、2時間ものあいだ近藤さんがしゃべるんを聞ける、という・・・「これは行かねば」よrun
 仕事に行くダンナを送り出してから支度をし、いざ出動。
 10時に会場に着く予定だったのに地下鉄の乗り換えが2回、結構時間かかってしまった・・・自分がもはや「走れない・階段を颯爽と登れない身」だということを計算に入れてませんでしたワ。。。予定より大幅に遅れて到着。でも京阪枚方市駅から徒歩1分かからない位置だったので迷わずに行け、開始時間にはぎりぎり間に合いました。
 そしたらなんとぴあのさんが席をとっていてくださっていて・・・しかも一番前よぅheart02
 遠慮なく座らせてもらいました。講座は2時間もあるから途中で休憩あるだろし、あとで交代ネと思って。でも結局2時間ぶっ通しで休憩ナシ・・・ぴあのさん、すみませんでしたcoldsweats02
 
*****************************************************************

 講座の内容はショパンの「葬送ソナタ」「バラード1番」「舟歌」の奏法について。
 おめぇには100年早いわ!ってな感じですけど・・・sweat02 実はここだけのハナシ、バラード1番はそのうち弾いてみたい曲であります。ひゃーッsign04run(言い逃げ)
 参加の皆さんはさすが、楽譜持参で熱心にメモをとってらっしゃる方も。私は・・・関係ねえなと思いつつ近藤さんの声と弾く音と、そして『彼が今、こんなにそばにいる』この現実を・この喜びをかみしめて・・・lovely
 でもそのうち私もメモを。具体的な奏法のことについてはよくわからないけれど、他の曲を弾くにあたっても参考になるようなこともいろいろ聞けたので。

 簡単に要点を。
 note葬送ソナタ
 ペダルは深く踏み込むのではなく、半踏みのところで調整すると綺麗にキマる。
 音楽に怠惰な部分を作らないように。怠惰な部分を作ってしまった瞬間にお客さんはその演奏を聴きたくなくなってしまうから。
 楽譜に書いてある意味を常に考えながら、それに説得力を持たせるように意識しながら弾かないといけない。音楽に無意味な瞬間はありえない。

 noteバラード1番
 いかに歌うかがカギ。自由に歌ってよい。同じフレーズが何度か出てくるが、同じノリで弾くとつまらないので変化をつけるとよい。
 前へ前へとアクティブに演奏を!最後はペダルを一気に放し、余韻を残さないようにした方がかっこいい。
 歌い方としては右手左手を少しずらして弾く奏法が簡単だが、それに頼りすぎると音楽性が磨かれなくなってしまう。邪念のない感性を磨くことが一番大切。 

 note舟歌
 美しく弾くにはきめ細やかな洞察力をもって、美しいところを見つけながら。とりあえずそれなりに弾くには型にはめこむことが大事ですが、自由に弾いて美しさを追求することはさらに大事なこと。
 音が出る瞬間の鍵盤の感じを指先で敏感に感じ取れるようになっておくこと。それができるようになれば「光がさしこんできたかのような」明るく美しい音が出る。 
 
 
 ほほぉ。
 他にもいろいろ「ほほぉ」と思える話を聞けましたが割愛。
 ピアノを弾くってタイヘンなことなのね、と実感いたしました。特に「音楽に無意味な瞬間を作らないこと」ってのは耳が痛かったな。。。今の私ゃ、『間違えないように必死に鍵盤を追っている』か『ここはだいぶ練習したからダイジョブね』とまるで休憩しているかのように弾いてるか、どっちかだもんなぁ。
 思えば「人に聴いてもらう」ために練習してないよな。発表会の練習とかでもよくよく考えてみたら「ミスタッチしたり止まったりして恥かかないように」ってことばっかりで。それって「人に聴かせる」んではなく、自分のために弾いてるってことだもんな。でもとりあえず形になんなきゃ話にならないので・・・
 たっぷり練習して、形になってからどうするか・・・ここからがプロとアマの分かれ道なんだよな。プロはここからが勝負、自分の感性や技術を盛り込んで曲を作り上げていくんだよね。
 私は、、、弾けるようになったら飽きるもんな、いや、弾けるようになる前に飽きることもある(爆)
 よし、これからはちょっと意識を変えてみよう。素人なりに、だけど。
 とりあえず、無意味にぼんやり弾くのはやめようっと。

 2時間の講座はあっという間でした。
 近藤さん、ピアノの前に座ったまんま、マイクはヘッドマイク装着。ずうっと熱心に講義をされていました。ピアノの上にはタオルハンカチと赤いケータイ。赤が好きなのねえ。
 講義の途中に「冷房、寒くないですか?」と。皆、うんうん、うなづく。そしてスタッフさんにより冷房は緩和されました。
 私は暑かったんだけどねcoldsweats01 だって目の前に近藤さんがいるんですもの、うひひひひlovely 

 終了後は「幻想即興曲」を披露してくださいましたheart01
 シェ・モルチェの時より至近。今日もすばらしい胎教がでけたわ~scissors

 さてさてCD販売とサイン会もあったのでちらっと顔を出しました。
 こないだの浜離宮のコンサートがcdになるのか否か、早く知りたかったんで。
 今のところ予定はないみたいsweat02 cd作るとしたら11月のフェスの分だそうですが、それもあくまで予定なだけだそうです。

 (浜離宮の分)録音はしたけど、やっぱりライヴの録音なんでねー、それを売り出すとなるとやっぱり問題が・・・
 などとおっしゃるので、
 いけますよ、全然問題なし!! 
 とプッシュはしたけど効果はないと思いますcrying
 いい演奏だったのになぁ。腹ん中の子と遠征して聴いた思い出としても残しておけたらなーと思ってたのになぁ←おもいきり個人的願望でスマヌ。

 コンサート以外でのサイン会は人数も少ないしええですねえ。我々の相手もゆっくりたっぷりしてくださってカンゲキheart01 ホントはいつまでもしゃべってたいけどねーlovely

 帰りはぴあのさんやネコ型ちゃんのママ、Mさんと4人でお茶をし、大いに満足して帰途についたのでした。皆様ありがとうございました!
 帰りは地下鉄を使わずにJRで。結局は乗り換えの少ないのがラクで早く帰れました。
 とってもいい1日でした。関西でもこういう講義イベントが増えるといいなぁ。
 

2008年6月16日 (月)

オールリストプログラム(東京)

noteピアノ三大作曲家 名曲探訪の旅 (オールリストプログラム)note

(第1部)
 コンソレーション(慰め) 第3番 
 ピアノソナタ ロ短調

(第2部)
 ラ・カンパネラ
 メフィストワルツ 第1番 村の居酒屋での踊り
 愛の夢 第3番
 超絶技巧練習曲 第4曲 「マゼッパ」
 ハンガリー狂詩曲 第2番

(アンコール)
 ハンガリー狂詩曲 第6番

 2008年6月6日(金) 19時開演  浜離宮朝日ホール


 1日にフェスティバルホールで聴いたのと全く同じプログラムです。
 ところ変われば演奏会の雰囲気もがらりと変わるもんですね。今回はそういう意味でも面白い遠征になりました。
 
 最寄り駅は「築地市場」。地下鉄ですが、電車を下りた途端に駅構内に立ち込める生魚のにおいfish
 いかにも築地に来た、という感じでした。私が今ハマっている漫画「酒のほそ道」(呑兵衛にはオススメの漫画です・全国各地のうまい酒とアテが次々に紹介される)に「築地で朝からミックスフライ定食を食べる」話が出ていました。朝から、というのがミソです。ほとんどの店は午後2時くらいで閉まるそうです。今回の演奏会は夜だったので・・・市場の辺りは閑散としてました。
 次に来たときにはこの辺りのホテルに素泊まりして、鮨とミックスフライ定食と玉子焼きを食べるぞー。

 と、またしても食べ物の話・・・いかんいかん。

 浜離宮朝日ホールは音楽ホールとして世界屈指のレベルを誇るホールだそうで、アメリカの物理学会により、NYのカーネギーホールに並ぶと称されたそうです。
 定員は550人ほどらしいです。なのでこぢんまりした感じですが、雰囲気も格式高く、響きもとってもいいホールでした。またひとつ素敵なホールを見つけることができました。やはりあちこち出かけてみるもんですね。 

 というわけですので、2700席という巨大ホール・フェスティバルホールの熱~~~い演奏会とは全然違い、こちらはじっくりとたっぷりと音楽にひたることができました。ブラヴォーを叫ぶ人もおらず、立ち上がる人もひとりしかいませんでしたが、聴衆の、ほぉーっと感嘆の息の音が聞こえてくるような演奏会でした。
 近藤さんも満足そうな表情でしたよheart メフィストワルツ終わった時とか手拭きながらめっちゃ笑顔でしたもん。それも、ニコって感じではなくニヤって感じsmile アタシもつられてニヤってしちゃいましたぞsmile (今回も「メフィストワルツ」が最高でしたshine
 ハンガリー狂詩曲は今回は2番の方が素敵に聴こえました。
 ロ短調ソナタは・・・やっぱりよくわかりませんでした。
 2回目ということもあってかホールの音響もよかったせいか、終始安定感のあるクリアな演奏で、まさに「完璧」という言葉がふさわしい演奏会でしたね。今までたくさんの演奏会に出かけたけれど、今回の演奏会は「しばらくのあいだ記憶にとどまりそうな名演」でした。
 しばらくのあいだ、ネheart01
 去年の不調が嘘のよう。今は絶好調な近藤さん。きっとまたすぐに「記憶を塗り替える名演」を聴かせてくれることでしょう。
 
 フェスと浜離宮、熱狂と静寂。音楽を楽しむ環境の『両極端におけるベスト』って感じでしょうか。同じプログラムを全く対照的な雰囲気の場所で聞き比べできたことは貴重な体験でした。
 あー。ここでオールベートーヴェン聴きたいよぅ。なんで9月なのよぅcrying
 いくらなんでも出産予定日10日前に東京に行く勇気は出ないよなぁ、シクシク。
 ライヴCD出して~cd

 帰りにはファンの皆様方といつまでも別れがたく、外でまったりしていたところ、近藤さんが出てきそうな気配がしないでもないのでそのまま出待ちすることに。
 以前からファン友達数人に

「近藤さんにお腹なでてもらって安産祈願しなよー」
 
と、勧められていたのですが、勇気出ず・・・「あたしも昔やってもらったよー」とおっしゃる人もいて、「大丈夫だよー」としきりに勧めてくださってたのですが・・・

 アタシが言ったら逆セクハラになりそーかもヨ coldsweats02sweat01

 という理由でやはり勇気出ず。
 しかし今回皆様の一致団結のご協力のもと敢行。
 うわーぃ、ありがとう近藤さん、ありがとうみんなheart02 

 しかし・・・旅に出るからと一応用心したため、この日アタシは腹帯機能ガードル(要は分厚いガードル)&冷え防止のパイル地フカフカ腹巻をしていたため、近藤さんの手の感触は全くわからず、しかも「ザ・安産祈願!」とばかりに目を閉じて手を合わせていたので何も見えず・見ず・・・sad
 あとから友達が「近藤さん、とっても優しい顔をしていたよー」と教えてくれました。そしてそんな優しい近藤さんに一同あらためてメロメロになったのでした。
 「9月もここでベートーヴェン聴きたかった!でも予定日が9月なんですぅ」と近藤さんに言ったら、「まぁ、こればっかりは仕方ないですねえ」と。さらに、しばらくは来れないでしょう?みたいなことを言われるのよ・・・みんなそう言うのよね、いやーん。
 「預けて行きますっ!!!」dash
 近藤さん、「そうですか?」って笑ってたけど。
 
 遠征はムリかもしれんけど、関西のコンサートにはなんとしても出かけたいです。 

2008年6月10日 (火)

それであっこで荷物は生活(BlogPet)

きのうは限定するつもりだった?
それであっこで荷物は生活♪

*このエントリは、ブログペットの「ポテチくん」が書きました。

2008年6月 8日 (日)

東京みやげ

 Photo_2

Photo_4


 東京に行ったら必ず買って帰るもの。肉の万世の「万かつサンド」pigshine
 4月に行ったときも当然のごとく買おうと思っていたら、なかったのです!!
 保安検査場を無事に通過した後の、搭乗口付近の売店でいつも買っていたのですが。ま、1年ぶりの東京でしたからね。1年も行かないと事情がわからなくなるもんなのですねえ。
 保安検査場を通る前にはあちこちで売ってたのに通ったあとにはひとつも売ってない・・・仕方ないので、別のカツサンドを買ってみたけど全然おいしくなかった。そのカツサンドは雑誌にも紹介されたことのある、名の知れたものらしかったのですが・・・ とにかく全然おいしくなかった。ちきしょー。今度はぬかりなく買って帰らなくては!と羽田に着いたらチェックインより何よりも先にサンドを購入。ダンナの分と自分の分とふたつ。これもいつもどおり。めでたし。
 夕ご飯に食べました。やっぱりおいしかった~。万世万歳happy02
 でもさ、今回新たに発見したの。ヒレカツサンドとボリュームサンド。新発売かしら!見たことなかったわ!検査場に入る前には見かけなかったのに、入ったらあちこちで売ってた!ちきしょう!
 
 お菓子もおいしそうなのがいろいろ売っていますよねー。見ているだけで面白いです。やっぱり一番美味しいのは「東京ばなな」ですかね。ありきたりですが。最近は黒い東京ばななも売ってます。気になりつつもまだ買ってません。来月買おうっと!(日帰りで行く予定・万世のヒレカツサンド、品川駅にも売ってたらいいなぁ←次は行きは飛行機、帰りは新幹線)。

 
Photo_5

 今回はこんなのを買ってみました。東京ばななと同じ系列みたいです。ふわふわカステラの中にチーズクリームが入っていました。まあまあおいしかったですが、わたし的には東京ばななの方が好みかなあ。
 4月に来た時とは違うお菓子もいっぱい売ってました。新製品が出るスピードもすごいです。
 お菓子に関しては大阪はさっぱりダメですね。。。明らかに東京のパクリみたいなもんばっかり売ってるもんなぁ。ばなな系のお菓子を筆頭に、こないだは東京の「ごまたまご」にそっくりなのも売ってたで。
 OOOOまんじゅうはもみじまんじゅうの形違いなだけだし、こないだ初めて食べたけどOOOOようかんは激マズだし。神戸や京都にはおいしいお菓子がいっぱいあるのになぁ。
 喜八洲のみたらしだんごとか酒饅頭、餡が外ではなく中に入った大阪みたらしだんご、蓬莱の豚まん、点天のぎょうざ、泉州の水なすとかおいしいので有名だけど・・・冷蔵モノなのでお土産に持っていくのには不向きだしねぇ。

 
Photo_6  

 東京限定、カレー味のじゃがりこ。
 これも4月に来た時に初めて見て、「絶対買って帰ろう!」と思ったのに、帰る頃にはすっかり忘れて伊丹に着いてから思い出し、ヒジョーに悔しい思いをしたのでありました。今回は伊丹から羽田に着いて早々に買いました!また忘れるとタイヘンですから!bleah
 待ちきれず、ホテルに着いてから早速賞味。期待どおりheart01 もともとカレー好きということもあり、今まで食べたご当地じゃがりこの中ではこれが一番かな、現時点では。

 お菓子は控えなきゃならない身なんだけどねーsmile

妊婦・東京ひとり旅

 1泊2日で東京に行ってきました。近藤さんのコンサートだったので。
 今まで随分と一人旅に出かけていたように思いますが、これでしばらく封印しなくてはいけないかな・・・コンサート終わってホテルに戻ったとき、しみじみしてしまいました。泊まりの旅行はこれで最後なんだなぁと。。。
 ホントはもう1回くらい出かけたいところですが・・・梅雨入り前に信州とか行っとくべきでした。悔やまれます。

 今回の東京も4月と同様、飛行機で行きました。
 妊娠してると他の人より早く搭乗させてくれるのですが、4月は乗り込もうとすると引き止められましたsad その時の対応が結構イヤな感じだったので、今回は普通の人と同じように搭乗しようと思っていたら向こうから声をかけられました。そして座席番号を聞かれ、「20分前になりましたら優先的に案内させていただきますので」と。今回は堂々と・引き止められることもなく優先搭乗できました。
 帰りは思ったより早く羽田に着いてしまったのでチェックインカウンターに行き、予定より1時間早い便に変更してもらいました。そしてお土産物色後、保安検査を通過して、それでもだいぶ時間が余ったので搭乗口からだいぶ離れた売店でおにぎり食べてたら、「OO様でらっしゃいますか?」と声をかけられ、優先的に案内できるからあと30分ほどしたら搭乗口に来てください、と。
 妊婦は飛行機に乗る際、座席番号だけでなく名前や服装までチェックされてるんやなぁ。乗ったら乗ったで中で人が待っていて、荷物を棚に入れてくれたり。そりゃあもう大切な扱いをしてもらえました。
 でも本当に大事にしてもらいたいのは妊娠2~4ヶ月の頃なんだけどね・・・その頃はつわりがあったり流産しやすい時期でもあるし。でもまだお腹が出てないから周りからは妊婦だと認識してもらえないんですよね。
 マタニティマークのワッペンとかキーホルダーとかカバンにつけてても全然気がついてもらえないしねえ。

Photo

 これつけてる女性を電車やバスで見かけたら席を譲ってあげてくださいね。
 キーホルダー型の他にステッカーもあります。

 でもな、、、これつけて出歩くのって結構抵抗あったりするんだよな・・・だってなんだかさ、いかにも「席譲ってくれよ!」って言ってるみたいでサ・・・。なので私はあんまり活用しなかったな。


Tower

 JR浜松町駅北口付近で撮影。梅雨の晴れ間で天気もよく、ラッキーでした。もっと遅い飛行機を予約して、ウロウロ観光するべきだったかな・・・。

 なんか最近、妙に気ばかり焦る・・・自由な時間は今だけよ、といろんな人から言われるし。生まれたら出歩くどころか寝るヒマもないし、でも赤ん坊が可愛すぎて出歩く気がしなくなるもんなんだってサ。
 そういう話を聞かされるとなんとなく凹む今日この頃。。。もう長いこと家にいるし、昼寝に夜更かし、ダラダラ癖がついちゃってるし・・・こんなんで社会復帰できるんかなぁ。仕事しないで家にいるということについての罪悪感がどうしても抜けないのよ。何故・何に罪悪感を感じてるのかわかんないけどcatface

2008年6月 5日 (木)

オールリストプログラム(大阪)

noteピアノ三大作曲家 名曲探訪の旅 (オールリストプログラム)note

(第1部)
 コンソレーション(慰め) 第3番 
 ピアノソナタ ロ短調

(第2部)
 ラ・カンパネラ
 メフィストワルツ 第1番 村の居酒屋での踊り
 愛の夢 第3番
 超絶技巧練習曲 第4曲 「マゼッパ」
 ハンガリー狂詩曲 第2番

(アンコール)
 ハンガリー狂詩曲 第6番

 2008年6月1日(日) 18時半開演  フェスティバルホール

 
 近藤さんの2008年のメインイベントとも言うべき「ピアノ三大作曲家シリーズ」、いよいよ開幕でございます!!!
 第1弾はオールリストプログラム。近藤さんはリストが絶対似合うからもっと弾いてほしいとかねがね思っていましたが、全部リストの演奏会をやってくれるとは思ってなかったわっheart04 スゴイ!カンゲキ!!

 今回ももちろん超満員、パンフレットには特別インタビュー付でした。
 さて、近藤さんはお元気そうに登場し、すぐに弾き始める(トークは終演してから行われました)。
 1曲目はコンソレーション。
 お~~~lovely これは。。。近藤さんっぽくない(?)あまーい音色に癒される。
 しかしなんだな、ピアノがやけに遠いんですよね。舞台のめっちゃ奥の方にピアノ置いてあるんだよね。なんでや!?そんな奥へ行かんともっと近ぅ寄ってほしいわと思ったのは私だけではあるまい。
 次は問題の「ロ短調ソナタ」。何が問題かというと・・・予習忘れた。これ、前に誰かの演奏で聴いて「???」って。私には難しかったんですよね。退屈だったとかそういう悪印象はないんですけど、なんだかよくわからんうちに曲が終わってしまった、不完全燃焼だわ、という感じでした。
 近藤さんの演奏ならきっと曲の良さがわかるんじゃないかと淡い期待を持ちつつ聴いてみたけど・・・うー。やっぱわかんねえや。もう1回聴きたいな。やっぱ浜離宮のん買っといてよかった。明日もう1回聴いてきますワscissors

 第2部はおなじみといえばおなじみ。おなじみなだけに今日の近藤さんの調子がすぐにわかるというものです、長くファンやってますとね。
 かなり念入りに・超念入りに練習に挑んでこられたんだろなと。よっしゃ、リストや、いっとけー!みたいな激しい勢いは今回は全くなくて、かっちりとしんみりとじっくりと・・・噛めば噛むほど味が出てくるなぁと思わせる演奏でしたね。オールリストと聞いて「どんなに華やかな演奏会になるだろうか」と思っていましたけど、どちらかというと落ち着いた・渋い感じの演奏会だったと思います。
 メフィストワルツが一等良かったな!!!色鮮やかで妖艶なメロディー、これぞリストの最大の魅力ですわね!これはスタンディングもの!と思って、ひざの上に置いてたバッグを足元に置き、トリのハンガリー2番が終わったら立とう!とひそかに準備態勢に入るも・・・
 2番終了後、会場は大いに盛り上がり、ブラヴォーの声も飛び交っていましたが、アタシゃなんとなく立ちそびれ。。。わたし的にはやっぱり近藤さんは2番より6番が似合うと思うなぁ。。。

 アンコールはやっぱり6番を演奏してくれました!そうそう、これこれ!これがなくっちゃね。数人がスタンディングしたのでアタシも便乗。

 演奏後にはいつもの募金、そしてトークタイム。
 司会の人が「近藤さんは1968年生まれとパンフレットに書かれていますが、78年の間違いでは?」と。
 近藤さん「あれ?書いてましたか?そろそろ消そうと思ってるんですけどね」
 若さのヒケツは『食生活は肉:野菜の比率を1:9』にすることだそうだ。今のアタシみたいな食生活だわ・・・

 耐えられない。アタシはもっともっと肉を食いたい!!!!!crying 
 産んだらミュンヘン(ビアホール)でから揚げをがっつきながらビールぐいぐい、焼肉屋で骨付きカルビとハラミを死ぬほど食って、〆はユッケビビンバ・・・
 魚もええな・・・さばのみそ煮とか(青魚はカロリー高い・味噌は塩分高い)、干物とか。喉がカラカラになるくらい刺身食いたいなぁ(魚って喉渇くよねえ・・・相当塩分含んでるんだろな)。

 話はもとにもどり・・・catface(すんません)
 
 近藤さん、次回のオールベートーベンとオールショパンの宣伝もバッチリ。今日ここでチケット売ってるしね、買って帰ればラクよ~。
 「ここはひとつ、ぜひとも買って帰っていただけるとありがたいですねえ」と、すっかりなにわのあきんど風な近藤さんでした。

 サイン会、いつもどおり長蛇。
 友達たちと最後の方に並び、サインもらいました。社長さんが近藤さんに「赤ちゃん、男の子だって」と言うと、皆さんが私のお腹を指差して「よしひろ君、よしひろ君」と言うので近藤さんはテレてましたcoldsweats01

 とりあえずもう1回同じプログラムを聴いてきます。今度は少し小さめのホールらしいのでまた違った雰囲気を味わえると思います。楽しみだわshine 

2008年6月 4日 (水)

カワイのフルコン

 6月1日、近藤さんのコンサートに行ってきました。その件についてはのちほど書くとして、たかこ姫さんとOTOさんがウチに泊まりに来てくれましたーhappy01
 毎日ヒマヒマですのでね、話相手はネコだけという生活ですのでね、これは刺激的です。何日も前から楽しみにしておりました。
 
 おふたりにとってはめったに来ることのない大阪。しかしながら身重の私を気遣ってくださり、2泊3日の大阪遠征も道頓堀をちょろっとうろついただけで・・・またいつかゆっくり観光しましょう!
 
 コンサート前に梅田のカワイショップに行きました。
 1時間3150円でカワイのフルコンEXが借りられるのです。狭いレッスンルームのようなところですが、1000万円のピアノを弾けるのはドキドキわくわくです。
 今回は2時間借りることにしました。3人でミニコンサートですheart

 たかこ姫さん
  リスト:リゴレットパラフレーズ
  ベートーヴェン:ピアノソナタ「悲愴」
  ショパン:ノクターン第8番 など

 OTOさん
  ショパン:バラード第1番 など

 あっこ
  アルベニス:アストゥリアス、タンゴ
  グラナドス:アンダルーサ
  ショパン:ノクターン第2番

 7月の発表会で弾く予定のスペインもの3曲&ノク2を弾きました。
 スペインものは胎教に悪そうなので(特にアストゥリアスはbearing)、妊娠してからノク2を復習していました。この曲なら穏やかだし暗すぎないし良いかなーと思って。

 まあそんなことはさておき、曲名だけ見てもわかるように、アタシのレヴェルはおふたりの足元にも及びませんですが楽しく弾いてまいりました。
 どんな音がするのかと弾く前にかなりドキドキしましたが、弾くともっとドキドキしました!すんげえ鳴る鳴る!右ペダル踏んでジャーンと和音を鳴らしてみた日には「この音どこから出てんねん?」ってなくらい響く響く。
 鍵盤も軽くて弾きやすかったしすごく響くし弾いてて爽快でした。きもちい~。
 あ~こんなピアノで毎日練習したい!

 姫さまが演奏を録音してくださったので、7月の発表会へ向けての反省をしたいと思います・・・coldsweats01 
 やっぱりもっとうまくなりたいよなぁ・・・練習しなあかんなぁ。

 ベートーヴェンやバラ1、やっぱカッコいいよなぁheart02
 今回もおふたりからいい刺激をもらい、勉強になりました。姫さま、OTOさまありがとうございましたheart  

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »